ダブルラインセンスコース

臨床検査技師+臨床工学技士

疾病の早期発見を支える臨床検査技師と共に医療機器の運用等により治療をサポートする臨床工学技士の資格を4年間で取得

  • 疾病の早期発見・早期治療に向けて正確な検査データを迅速に提供する「臨床検査技師」、人工心肺をはじめとする生命維持管理装置や医療機器の操作・保守を担う「臨床工学技士」、2つの医療系国家資格を4年間で取得するコースです(所属は1年次後期より)。
  • 1年次では基礎医学を主に学び、2年次から臨床検査と臨床工学に関する専門科目を並行して学修。4年次2・3月に受験する2つの国家試験の合格をめざします。
  • 主な就職先は大学病院や国公立病院、私立の総合病院などを想定していますが、検査部門と臨床工学部門、双方の募集に自身の目標や適性にあわせ、選んで応募できるのもダブルライセンスコースで学ぶメリットのひとつです。

※各資格の内容については各コースのページをご覧ください。

KUHW2021_p58-59_200420

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら