医療薬学研究科 医療薬学専攻 博士課程(4年制)

臨床現場において指導的立場に立てる薬剤師を養成する

学科の特徴

教育理念とミッション

本学大学院医療薬学研究科医療薬学専攻(D)では、「医薬品の品質、安全性、有効性を十分な科学的根拠に基づき、予測、評価、判断できる能力を有し、これらの能力を総合的に活用することで、薬剤師として最善の職責を果たすことができ、臨床現場において指導的立場に立てる薬剤師を養成する」ことを教育目標とする。

入学者受入方針

受験資格

  1. 新6年制薬学科の卒業(見込みの)者で、学部教育を基礎に医療薬学の総合的な教育・研究を通して、臨床現場において最適化された医療薬学を自ら実践でき、また指導できる潜在能力を有する者、さらに医療薬学向上に貢献しようとする熱意を持つ者。
  2. 新6年制薬学科を卒業した者で、薬剤師として、最適化された医療薬学を実践するために、幅広い専門知識と研究マインドを培い指導的薬剤師を志す者、さらに医療薬学向上に貢献しようとする熱意を持つ者。
  3. 旧4年制薬学科を卒業後修士課程に進学修了した者で、薬剤師として、最適化された医療薬学を実践するために、幅広い専門知識と研究マインドを培い指導的薬剤師を志す者、さらに医療薬学向上に貢献しようとする熱意を持つ者。
  4. 旧4年制薬学科を卒業後3年以上経過し、修士卒と同等の学力があると認められた者で、薬剤師として、最適化された医療薬学を実践するために、幅広い専門知識と研究マインドを培い指導的薬剤師を志す者、さらに医療薬学向上に貢献しようとする熱意を持つ者。
  5. 医師、歯科医師又は獣医師で、最新の薬物療法を学び医療の向上に貢献しようとする熱意を持つ者。

入学者選抜の方法

入学者選抜では、基礎学力確認のために、有機化学、生薬学、分析化学、衛生化学、生化学、薬理学、薬物治療学より選択2科目の筆記試験を実施する。さらに、事前に最新の「医療薬学」に関する課題を与え小論文を提出させ、この小論文を基に面接試験を実施する。面接試験では、「受験生の医療薬学向上に貢献しようとする熱意」、又は「指導的立場に立てる薬剤師能力を身につけるとの強い意思」を持つことを確認することにより入学者を選抜する。

定員

本研究科では、大学院教育においてきめ細やかで高度な指導を行うために、院生数と指導教員との比に余裕を持たせ、定員を1学年4名に設定している。

学位審査体制・修了要件

学位審査体制は、予備審査、博士研究成果発表会、本審査、最終試験からなる。本研究科課程の修了要件としては、4年間の学修期間をもって研究科が指定した所定の単位(30単位以上)修得を満たし、かつ博士論文本審査および最終試験に合格することとする。学位申請者は、本研究科在学中に博士論文として本研究科が認定する権威ある学術雑誌に1編以上論文発表すること。または当該論文の掲載が受諾されている場合はこれを可とすることができる。当該論文は単著または学位申請者が筆頭著者でなければならない。本研究科が認定する「権威ある学術雑誌」とは、厳密な査読制度を有するインパクトファクター(IF)を持つ国際英語学術雑誌を基準とする。その他の学術雑誌(査読有)については、当該論文投稿前に研究科委員会において別途審議し認定する。

予備審査

研究科委員会が委嘱する予備審査委員が、学位申請者の出席を求め非公開で予備審査を行う。予備審査委員は、主査1名及び副査3名を原則とする。研究指導教員は、主査になることはできない。予備審査において、予備審査委員は博士論文の内容審査をおこなうと共に、学位申請者に当該論文内容のプレゼンテーションを課し、研究の新規性・社会貢献(60%)、プレゼンテーション能力(20%)、論理的思考能力(20%)等の評価を行う。

博士研究成果発表会

研究科委員会で、予備審査委員主査の報告に基づき本審査に付すことが承認された場合、研究科長は、予備審査合格者による博士研究成果発表会を公開で行う。

本審査

博士研究成果発表会終了後、研究科長は研究科委員会を招集し、同研究科構成員の3分の2以上の出席を得て本審査を行う。本審査では、研究の新規性・社会貢献(60%)、プレゼンテーション能力(20%)、論理的思考能力(20%)等を総合的に評価して合否を議決しなければならない。研究科委員会での本審査合格の議決は、出席者の3分の2以上の同意を要する。

最終試験

本審査の前までに、科学領域英語の最終試験に合格していなければならない。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら