教育内容・カリキュラム

働きながら学べる、視能訓練士を目指す

教育内容・カリキュラム

教育内容

(1) 視能学の基礎を学ぶ科学的根拠に基づいた医療・保健・福祉分野の基盤の構築

現代の医療の原点は、論理的実証的根拠(エビデンス)に基づいて、個々の患者に対する診断、治療が実践されています。視能訓練士業務は、あくまでもエビデンスに基づいた論理的思考過程が必要となります。
そのため、専門基礎分野では、「人体の仕組みと働き」、「発達と心理」、「病気のメカニズム」、「公衆衛生」、「遺伝・免疫」の一般基礎医学科目をメディア授業として設け、またそれらを統合して学ぶ演習科目として「基礎医学演習Ⅰ」を面接授業として配しています。
さらに「視器の解剖」、「視器の生理」、「視能検査の概要と検査機器」のメディア授業科目と、それらを統合して学ぶ「基礎医学演習Ⅱ」を面接授業として設置し、基礎医学的観点から視器とその検査について学習できるようにしています。
また、対象が人であることから、保健や福祉領域および利用可能な制度の情報提供ができるよう「保健・医療・福祉と関係法規」、WHOによる国際生活機能分類に基づいた「リハビリテーション概論」を設けています。

(2) 視能学の基礎を学ぶ

視能学の基盤となる知識の習得のために「外眼筋の作用と眼球運動」、「生理・物理光学」、「視覚生理学」、「両眼視の基礎」のメディア授業科目を設け、これらを総合的に理解できるように「基礎視能学演習」を面接授業科目として行なうことで、視覚の光学的・生理学的側面や感覚系と運動系の基本的な知識を習得できるようにしています。

(3) 視能学専門教育

視能学の学問体系及び基本的知識に基づいて、「視能検査学」、「視能障害学」「視能訓練学」分野を学びます。「視能検査学」分野では、メディア授業科目の「視能検査とその評価Ⅰ、Ⅱ」とそれに対応する面接授業科目の「視能検査学演習Ⅰ、Ⅱ」とを設け、患者個々の病態評価から治療計画に至るまでの問題解決能力を習得できるように科目設定しています。その他、眼薬理学をメディア授業で学ぶ「眼と薬物」を配しています。さらに「視能検査学実習」を設置し、視能検査の技術修得にも対応できるようにしています。
「視能障害学」分野では、「主要眼疾患の基礎的知識Ⅰ、Ⅱ」、「神経眼科」をメディア授業として配置し、眼科疾患の必須知識について無理なく理解できるようにし、診断および治療に必要な諸検査との関連を学習できるようにしています。
「視能訓練学」分野では、メディア授業科目の「屈折矯正学Ⅰ、Ⅱ」、「視能矯正の基礎的知識」、「視能リハビリテーション」と、面接授業科目の「視能学総合演習」を配し、眼科医療の実態に即して、屈折矯正の専門的知識および眼鏡とコンタクトレンズに関する知識や技術について学習できるよう科目を設定しています。

カリキュラム

分野 授業科目 年次 授業形態
専門基礎分野 人体の構造と機能及び心身の発達 人体の仕組みと働き 1 メディア授業
発達と心理 1 メディア授業
疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進 病気のメカニズム 1 メディア授業
公衆衛生 1 メディア授業
遺伝・免疫 1 メディア授業
基礎医学演習Ⅰ 1 面接授業
視覚機能の基礎と検査機器 視器の解剖 1 メディア授業
視器の生理 1 メディア授業
視能検査の概要と検査機器 1 メディア授業
基礎医学演習Ⅱ 1 面接授業
保健医療福祉と視能障害のリハビリテーションの理念 保健・医療・福祉と関係法規 1 メディア授業
リハビリテーション概論 2 メディア授業
専門分野 基礎視能矯正学 外眼筋の作用と眼球運動 1 メディア授業
生理・物理光学 1 メディア授業
視覚生理学 1 メディア授業
両眼視の基礎 1 メディア授業
基礎視能学演習 1 面接授業
視能検査学 視能検査とその評価Ⅰ 1 メディア授業
視能検査とその評価Ⅱ 2 メディア授業
視能検査学演習Ⅰ 1 面接授業
視能検査学演習Ⅱ 2 面接授業
眼と薬物 2 メディア授業
視能検査学実習 2 面接授業
視能障害学 主要眼疾患の基本的知識Ⅰ 1 メディア授業
主要眼疾患の基本的知識Ⅱ 2 メディア授業
神経眼科 2 メディア授業
視能障害学演習 2 面接授業
視能訓練学 屈折矯正学Ⅰ 2 メディア授業
屈折矯正学Ⅱ 2 メディア授業
視能矯正の基本的知識 2 メディア授業
視能リハビリテーション 2 メディア授業
視能学総合演習 2 面接授業
臨地実習 臨地実習Ⅰ 2 学外実習
臨地実習Ⅱ 2 学外実習
臨床実習Ⅲ 2 学外実習

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら