臨床心理専攻

 

臨床心理専攻の特徴

臨床心理専攻は、『カウンセリング』と『アニマル・セラピー』の2つの分野を教育の柱に、心理・福祉の専門職養成を目指します。

1年次の基礎から心理学を体系的に学修していくことで、臨床心理に関する専門的な知識と技術が着実に身につきます。また、希望する学生は、『アニマル・セラピー』に関する専門的な知識・技術を体系的に学ぶことができます。卒業後は、すぐに医療・福祉現場へ、あるいは大学院に進学して臨床心理士を目指すなど多くの選択肢から選べます。

認定心理士・精神保健福祉士・社会福祉士等の資格関連科目の学びを通じて、『こころと福祉の専門家』を目指しましょう。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら