恵方巻~国家試験合格願い丸かぶり~

2010年2月 3日

   この日は「節分の日」。節分と言えば古来から豆まきをして鬼(邪気)を払う習慣がありますが、最近は恵方巻を食べるのが流行です。

  恵方巻はかなり太目の巻き寿司で、この恵方巻を節分の夜に、その年の恵方(=歳徳神のいる方向。その年の干支で決まる)を向いて太巻きをくわえ無言で食べると、1年間よいことがあるといわれています。

  巻き寿司を食べるのには「福を巻き込む」といういわれがあるようですが、言語聴覚士の国家試験が目前に迫った今、福=合格を呼び込むという願いを込めて4年生全員で恵方巻を食べました!!

国家試験まで17日となりました・・・

「人事を尽くして天命を待つ」というところでしょうか。

できる限り努力をして後は神頼み~~ということで

学科長から、各人に恵方巻が配られました。

巻き寿司よりかなり太めです

今年の恵方は西南西ということで、みんな西南西の方を向いてがぶり!

無言で一本食べきりました。

   

願い事はひとつ・・国家試験合格・・・泣いても笑ってもあと2週間余り

ラストスパートだ!頑張れー!!

   

 

 

 

<< 前へ>> 次へ