島浦町訪問(1年生)

2011年3月30日

 本学の学生(1年生6名)が延岡町島浦町を訪問し、高齢者の皆さんと交流しました。

 島浦町は延岡市から少し離れた宮崎県県内で最も大きい島である島浦島に位置しています。

 今回は「臨床実習Ⅰ」の授業の一環とての活動で、高齢者との交流を通して多くのことを経験することが目的です。

 学生の皆さんは「大きくゆっくりはなすことの重要さ」や言語聴覚士として診断や訓練するだけでなく「楽しく話すことの大切さ」を実感してくれたようです。

 

学生が考えた指を使った遊びなどと通して、楽しいひと時を過ごしました。

交流の様子は延岡の夕刊デイリー新聞に取り上げられました。

<< 前へ>> 次へ