第43回延岡市市民生活展

2013年5月15日

今週の日曜日、5月12日、第43回延岡市市民生活展が、延岡市民協働まちづくりセンター(延岡市東本小路)で、開催されました。

延岡市市民生活展は、安心・安全に暮らせる延岡市を目指して、各種団体や官公庁などが展示や体験、相談コーナーなどを出展します。今年は、延岡学園高校調理科のみなさんが美味しいデザートを振舞ってくれました。

わが言語聴覚療法学科も、開学以来14年間、毎年、参加してきました。

今回は、2、3年生全員が参加し、全体の受付、開会式の司会、案内、各コーナーでの対応など、全てを学生で担当しました。

STの仕事に関する展示のほか、体験コーナーでは、噛む力を試すガムや、鏡に映る手だけを見ながら図形を書くことを、市民のみなさんに体験して頂きました。

鏡をみて書く図形は、どんどん速く上手に描けます。これが脳の不思議です。

写真のように、子どもたちが、鏡をみて図形を楽しそうに書いてくれました。

また、普段話すことのない地域の人々や、ご高齢の方とも、体験コーナーを通じ触れ合いました。自分たちのもてなしが、人をこんなに笑顔にさせることを知りました。次は、病院や施設で、患者さんを笑顔にしてみます^^。

 

IMG_0875.jpg

IMG_0879.jpg

 

<< 前へ>> 次へ