精神医学の集中講義がありました

2014年10月15日

こんにちは!秋になりました。

二週連続で台風が来ていますが、皆さん大丈夫でしたか?

 

ところで今回は台風が近づいている中、集中講義があったのでそのことについて書きたいと思います。

 

今日の講義は「精神医学」ということで、人間の心に関係する病気のことでした。

人間の心が病気と何の関係があるか・・・とても難しそうな内容ですよね?

そんな難しそうな講義をしてくださったのは、中山広宣先生です!作業療法士の先生で専門は精神科作業療法です。学外から来てくれました。

ちなみにこの時も外は大雨でした!

 

(小さくてごめんなさい)

 

心の病気というと、まず何を思い浮かべますか?

そう、「うつ」ですね。私もそれしか出てきません(笑)

この講義では「うつ」だけでなく、もっと多くのことを学ぶことができます。

 

中山先生の講義は面白くて分かりやすく、いつもは長く感じる90分の講義も短く感じました。

特に中山先生のまめ知識?雑談?は先生の経験談でとても為になります。

STが対象とする患者さんにも心の病を持った方がおられるので精神医学の勉強はとても大切です。

 

精神医学に興味を持った方も、中山先生に興味を持った方も言語聴覚療法学科に入れば、楽しく学ぶことができるカモしれませんよ。

tomitaka blog2.JPG

 

<< 前へ>> 次へ