2014年10月27日

言語聴覚障害基礎ゼミⅣ

2014年10月27日

みなさん、こんにちは。

10月も終盤になり、本格的に冷え込んできました。

風邪に気を付けながらも秋の味覚などを楽しんでください。

 

私たちは後期に、言語聴覚障害基礎ゼミⅣという講義を履修しています。その内容は以下の通りになっています

haraguti1.JPG

今回の講義は、課題として出ていた総合評価を先生方に事前に添削してもらい、それについてのアドバイスをもらい、それらを基に書き直すという内容でした。

言語聴覚士には必要不可欠ともいえるこの総合評価とは、問診や行動観察、検査結果などの事実を基に、言語聴覚士としての所見を、根拠とともに述べるというものです

haraguti3.JPG

3名の先生方から頂いたアドバイスとしては以下のようなものがありました。

・段落ごとに、各領域について触れる

・事実についての意見を述べる 例:「以上より、本症例の問題点として」

・程度を考えて(どのくらい遅れているか)

・記述の順序を考える

・根拠と問題点を対応させる

・問題点を具体的に考える

例:「小児の場合」1、発達の遅れの問題、2、発達の内容の問題

これらのアドバイスを受けた学生は、自分の総合評価を見直し、個人的に先生に質問するなど積極的に取り組む姿勢が見られました

haraguti2.JPG

今回の講義で総合評価の重要性を知りました。私は、総合評価を単にまとめればいいものだと考えていました。しかし、患者さんを担当しているのは言語聴覚士だけでなく、医師や看護師、作業療法士や理学療法士も担当しているので、そういった他の分野の専門家の方がみてもなぜその評価に至ったかが納得できるような総合評価を書かなければならないことを、今回の講義で学びました。文章で自分の意見や評価を、相手に納得してもらえるように頑張っていきたいです。

今回の紹介は以上で終わります。また見てください。(^-^)

 

(文責 2年 原口)