2014年11月 7日

ケースカンファレンスについて!

2014年11月 7日

 

 

こんにちは!


最近は朝も冷え込むようになり、日が落ちる時間も早くなって秋の終わりを感じさせる季節になりました。皆さんも温かい食べ物や炬燵が恋しいのではないでしょうか。

さて、今回は11月6日に行われたケースカンファレンスについて取り上げてみたいと思います。カンファレンスとは各症例さんの検査・訓練について報告や検討をする場の事を指します。今回のカンファレンスでは4年生の実習チームが報告や今後の訓練方針について発表しました。

4年生の実習チームは成人・小児の2つについてそれぞれ発表しました。ここでは4年生が1・2年生に対して分からなかった点を説明しています。4年生の説明は分かりやすく勉強になります。このように上級生は下級生に対して教えることで自分の知識を明確にすることが出来、下級生は上級生に教えてもらうことで自分たちの知識を蓄えることが出来るのです。

ブログ1.jpg

 

ブログ2.jpg

↑上級生から教えてもらったアドバイスをしっかりメモしています。

 

これらのカンファレンスの最後には先生からの総括があります。先生は今回のカンファレンスを高く評価されていました。

4年生は今回の経験を活かして国家試験を乗り越えてもらいたいです。1・2年生は先輩からもらったアドバイスを勉強に活かせるようにしたいです。

さて、最後にこれから年末になり忙しい季節になります。気温もこれからさらに冷え込んできます。皆様の一層のご健康を心よりお祈り申し上げます。

(文責 2年 福森)