普段の授業ってどんな感じ?

2015年7月 3日

みなさんこんにちは!

梅雨明けもまだまだ遠く、雨が降り続いています。

 

 

さて、今回のブログ内容ですが、

最近は発表だとか、バイザー会議だとかで

活発的な活動を多くのせてきました!

 

しかし、普段の授業はどうなのか、

気になった方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、今回は「医療統計学演習」という授業の様子を覗いてみたいと思います!

 

この科目では、検査や研究に必要な平均を出したり、グラフにデータをまとめたりすることを学んでいます。

 

配布資料は毎回穴埋めになっており、

先生からの教示やプリント、教科書から言葉を抜き出していきます。

 

IMG_3007.JPG

 

 

IMG_3009.JPG

 

 

また、分からない点・疑問に思った点は先生に質問をする、

友達同士で確認し合うなどをして、理解を深めていきます。

 

最後に今回の授業で学んだ事を

小テストに記入し、授業は終了です!

 

 

どうでしたか?

このようにして私たちは

言語聴覚士になるための基礎を築いていくのです。

 

今回や前回までの活動を見て、少しでも興味を持った方!

 

7/25・26、8/23にオープンキャンパスが行われるので、足を運んでみてはいかがでしょうか?

検査を体験できるコーナーもあるみたいですよ!

無料送迎バスも出ていますので、お気軽にお越しください~!!!

 

これから気温も上がり、体調管理が難しくなる季節に入ります。

皆様もお体に気をつけてお過ごしください。

 

( 文責 : 2年 末松 )

<< 前へ>> 次へ