2017年10月27日

1年生による「問診のまとめ」の報告会

2017年10月27日

こんにちは。

少しずつ寒い日が続くようになり、コタツを出したり、厚着をしたりと寒さ対策が必要な時期になりますね。風邪をひかないように体調管理にも気をつけましょう。

 

さて、今回は先日の臨床実習の授業の様子を紹介します。

今回は、1年生による「問診のまとめ」の報告会でした。

問診とは、言語聴覚士が患者さんやご家族の方に質問をして、必要な情報を得ることです。

私たちも去年のこの時期に初めて報告会を経験しましたが、今回はどのような報告会になるのか楽しみでした。

 

  去年は5グループに分かれて10分ずつの発表でしたが、今年は成人と小児の2グループに分かれ、30分ずつでした。

30。少し長いと思いましたが、参加してみると、最後まで内容の濃い発表で、あっという間に時間が過ぎていました。

 発表の中で、寸劇のように、問診場面を短く再現したグループもありました。

質疑応答では、2年生から沢山の質問が出ましたが、1年生はどの質問もその場で応答していました。

 

 1年生にとっては初めての報告会にもかかわらず、1年生から学んだことがいくつかありました。

 

1年生も2年生も、これから臨床実習の授業も含め、全ての科目が益々難しくなってくると思います。1つずつ乗り越えていきましょう。

 

(文責:2年 久)