地域貢献

2013年5月10日

こんにちは みなさん

 

臨床福祉学科のことをもっと皆さまにわかってもらうために、頻繁にブログをアップすることにしました。教員や学生が、いろいろ情報提供していくので、よろしくお願いします。

 

我々の学科の教員や学生は、様々な地域貢献をしています。宮崎県の中山間地は高齢化が進み、人口流失も大きな問題になっていますが、人々がその地域に定住して、安心して暮らせるにはどうしたらよいかを探るのも一つの活動になっています。

 

先日、その活動の一つの拠点である日之影町に、教員、学生が行ってきました。「棚田まつり・森林セラピーウォーキング」に参加するためです。昔トロッコが走っていた道を7キロほどあるのですが、天気も好く、本当に気持ちの良い一日でした。また、煮しめやお酒のお接待やパフォーマンス、餅まきもあり、わたしなどはそれが楽しみで、ほぼ毎年参加しています。

IMG_4095.JPG

(川の水と山の緑のコントラストが見事です。)

 

 

IMG_4110.JPGIMG_4098.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(餅まきでお化粧状態の教員) 

 

                                                      (ジャグリングのパフォーマンス)

 

学生たちも多いに日之影町の自然を満喫していました。我々はよく、調査などで学生たちをこういう中山間地に連れ出します。都会で育った学生たちは、携帯が通じ、コンビニがないと生きていけないように思っているのもいます。そうではなく、山の中でも人は普通に生きていけるし、その生活に満足している人たちもたくさんいることを理解してもらいます。世の中に様々な価値観があることを教えるのも、我々の学科の重要な教育目標の一つです。

<< 前へ>> 次へ