福祉を学ぶ学生が建築図面を描く?

2013年6月24日

臨床福祉学科で学んだ学生の半数以上は福祉分野で活躍しています。

2000年に入って「これからは福祉の時代」と呼ばれるようになり、本学を含めて福祉を学ぶことができる大学が増えました。

数ある福祉系大学のなかでも、九保大の臨床福祉学科では、社会福祉学をベースに介護、心理学、アニマルセラピー、教職員などの専門職養成を目指しています。これに加えて、他大学ではあまり見られない特徴として「建築やまちづくり」の基礎も教育課程に盛り込んでいます。

写真は、介護福祉士を目指す学生が建築図面を描いている様子です。

 

初めて建築図面を描きました。

IMG_0017.JPG 

お手本を見ながら、熱心に描いてくれています。

IMG_0012.JPG 

難しそうな建築構造にもしっかりチェックを入れてくれています。

IMG_0015.JPG 

設計図面が描ける介護福祉士になれるかな。

IMG_0016.JPG 

IMG_0014.JPG 

完成です。

短時間で上手に描けました。建築を専門に学ぶ学生に負けてないかな。

IMG_0023.JPG

IMG_0024.JPG

 

私たちは、必ず何らかの空間で日常生活を過ごしています。大豪邸から小ぢんまりとした住宅まで。理由あって路上で生活をしている方も雨風をしのぐ空間を造っています。そんな日常生活のベースになる住宅や住いは、生活者の安住の場でなければなりません。

 

この授業は、福祉を学ぶ学生に建築士になってもらうためのものではありません。バリアフリーへの住宅改造など、福祉の専門職と建築の専門職が連携しなければならないときに“建築士に一言申せる”福祉専門職になってもらうための授業です。

 

臨床福祉学科を卒業して福祉現場の第一線で活躍する学生には、援助技術はもちろん、高齢者や障がい者、援助を必要とする子どもたちの生活空間についても目を向けることができる能力を身に着けてもらいたいです。

 

臨床福祉学科 三宮基裕

 

<< 前へ>> 次へ