「『福祉』学科」で「犬のトレーニング」??(動物療法専攻・授業紹介)

2013年6月19日

 

katokensuke_20130619_01.JPG

 

臨床福祉学科・動物療法専攻では、2年生・3年生の2年間、「動物トレーニング」の実習科目が設けられています。

臨床『福祉』学科の専攻なのに、なぜ「犬のしつけ」なんかを勉強しているの?と不思議に思われるかもしれません。しかし、アニマル・セラピーは、動物と一緒に行う活動です。私たちは、動物のことを深く理解するために、動物「で」勉強することが求められます。また、一緒に活動するためには、動物自身「が」いろいろなことを勉強しなければなりません。

専攻では、専攻犬ココ・マルと一緒に、「犬『で』勉強」し、「犬『が』勉強する」カリキュラムも行っています。

特に、トレーニングの授業では、専門用語では、学習理論に基づく陽性強化法、平たく言えば、「犬の良いところをほめて、望ましい行動を増やす」トレーニングの方法を学んでいます。学習理論なので、基礎となる知識は心理学分野のものなのですが、「知っている」ことと「できる」ことは大違い。

 

katokensuke_20130619_02.JPG

 

例えば、こんな風に、ぴったり横についてもらって「おすわり」をさせるのですが

 

katokensuke_20130619_03.JPG

 

僕がやると、なんだかちょっとずれてしまいます・・・。大切なのは、「『適切なタイミング』で『ほめることができる』ようになること」。これは、「知っている」だけではできません。まさに練習あるのみです。

 

katokensuke_20130619_04.JPG

一見、遊んでいるようにしか見えないかもしれませんが、これも、犬に対しての様々な「指示の出し方」の練習中の風景です。

 

 

katokensuke_20130619_05.JPG

 

1年も勉強すると、学生さんは、リードなしで、犬と一緒に歩くことができるように。勉強中の身からすると、ちょっとした神業です。

 

katokensuke_20130619_06.JPG

こうした「犬と一緒に勉強すること」は、授業中だけでなく、専攻犬ココ・マルの日々のお世話の中でも実践されています。朝と夕方の登下校時間帯に、学内で見かけられた方も多いかもしれませんね。遊んでいるようにしか見えないかもしれませんが(笑)、ココ・マルも私たちも、いっしょうけんめい勉強中なんですよ!

★動物療法専攻では、専攻のブログも開設し、学生生活や専攻犬の日常などを紹介しています。関心がおありの方は、よろしければあわせてお読み頂けると嬉しいです。
■動物療法専攻~つれづれ日和~ http://anithera.exblog.jp/

加藤 謙介

<< 前へ>> 次へ