7月3日、いよいよ田中ゼミ卒論中間発表会!

2013年6月27日

2013年6月26日

延岡では、梅雨空が続いています。

 

本学では、4年生の卒業アルバムのための個人撮影が終りました。

昨日は、4年生のための社会福祉士国家試験の模試がありました。

私の所属する臨床心理専攻の4年生は、アジサイ.png

今度の夏休みにある精神保健福祉士になるための現場実習に向けて、

着々と準備を進めています。

田中ゼミでは、先日、7月3日の卒論中間発表会に向けて、

4年生の打ち合わせ会を行いました。

また、大学院進学、就職活動など、

それぞれの希望に向けての活動も本格的になっています。

みんな、がんばれ!

 

4年生は、1・2・3年生のうちにマジメに単位を取っていれば、

時間割上は空き時間が多いように見えます。

しかし、ざっと見ても、既述したような時間割に無い活動が満載です。

そうやって、大学最終学年のイベントを1つずつ終らせていきます。

 

田中ゼミの卒論発表会は、2回あります。7月の中間発表会と12月の最終発表会です。

中間発表会はできたところまで、最終発表会では卒論全体の概要を発表します。

今年の発表者は全部で6名。進捗状況はまちまちです。

ほとんど調査結果も報告できる学生もいれば、もっと調べないと話すにも困るという学生がいます。

卒業式間近には、卒業生みな口を揃えて、「早めに終らせておけばよかった」と反省するのですが・・・。

4年生は田中ゼミの1・2・3年生の前で発表します。

せっかくの機会なので、卒論の話以外も、たとえば、大学院進学や就職活動の方法、

キャラ.png現場実習や国家試験に向けての勉強方法なども4年生から話してもらいます。

卒論の話は緊張して早めに終るのに、

その他の話になると一生懸命に熱弁をふるう4年生もいます。

一生懸命やっていると語りたいことが増えますね。

1・2・3年生も、メモを取りながら熱心に聞いています。

講義よりも熱心なのではないかな・・・。

みな、頼もしくなるものです。

 

まだ本気出してないだけ。そのうち…と言いますが、

本気出すのは、

今でしょ!!!

そんな4年目にして欲しいものです。

 

文責:田中陽子

<< 前へ>> 次へ