介護実習を終えて 学生の介護への想い

2013年7月12日

こんにちは。介護福祉コースの稲田弘子です。

 

今日は、「実習を終えて」というお題で、介護福祉コース4年生の学生が介護への思いを五七五七七 にまとめましたので、ご紹介いたします。

 

「介護実習を終えて」

  利用者と 関わる中で気づかされ笑顔があって 介護福祉士                    池田 聖

  利用者の 思いにふれるこの仕事かけがえのない 私の生きがい             五十川 裕真

  実習が やっと終ってホッとする終わるとなんだか さみしいな                   衛藤 涼平

  利用者の 笑顔が見たくて今日もまた介護士目指して 頑張らないと         甲斐 菊乃

  利用者の 笑顔で私も笑顔なるみんなお互い 助け合ってる                     甲斐 若菜

  汗をかき 毎日一緒に冒険だ歩いて向かう あなたの世界へ                    藏満 加奈

  共(友)に過ごす利用者ふくむ個別ケア つぼみ閉じれば ケアから隣人    黒木 香那

  「ありがとう」その一言が嬉しくて 今日もまた 笑顔届ける                         興梠 永里香

  春色に 染まり始めた散歩道二人で歌った 思い出の歌                           中城 加南子

  介護者は 「人」を「支」えて「護」る「者」その面影が 見えたかな                永井 巧

  やってみて 初めて解る面白さ気をつけるのは 腰の痛みか                     平島 寛之

  利用者と 触れ合った日々を忘れずに常に笑顔で 歩みたい                    深川 真衣

  実習を 終えて学んだ介護道人それぞれの 介護あり                              布施 智也

 

ちなみに、介護福祉実習は2年生の夏と春、そして3年生の春、計3回実習があります。

3回目の実習を終えて一回りも二回りも成長しました。

稲田 弘子

<< 前へ>> 次へ