2014年度の横山ゼミ4年生

2014年5月27日

こんにちは。臨床心理専攻教員の横山裕です。

 今年度も始まって2ヶ月が経とうとしています。

 みなさんはそれぞれ好スタートをきってしっかりと勉強に部活に頑張っていることだと思います。

 特に、高校生3年生の皆さんは高校生活最後の1年なので、先生や家族の方の指導やアドバイスをもらいながら、将来を見据えてしっかりと自分自身納得のいく時間を過ごすことを期待しています。

 

 さて、高校生活と同じように大学4年生は将来を見据えて頑張る大事な時期です。

今回は、今年の横山ゼミの4年生メンバーを紹介します。

 

これから来年3月の卒業まで大学生活の総仕上げを怒濤(どとう)の勢いでしようという気概(きがい)を写真の表情から汲み取ってもらえればうれしいです。

 

yokoyama0101.jpg左が柴田さん、右が斎湯さん。

柴田さんは、延岡出身の地元大好きgirl。「人はどうしたら高いモティベーションをもって働けるか」をテーマに卒業研究にとりくみながら、目下、大好きな地元で就職できるように地元金融機関へゾッコン就職活動中。

斎湯さんは、沖縄県出身ののんびり少女。横山ゼミでは「福祉新聞」を読んで、要点をみんなに伝える係を引き受けてくれています。将来は精神保健福祉士になって精神科病院に就職希望。夏の実習、がんばれ!

 

yokoyama0102.jpg左が和田さん、右が野田くん。

和田さんは、都城市出身のがんばり屋さん。そろそろ卒論のテーマをしっかりと決めてほしいところですが、今は6月の大きな試験に向けて、そちらに全力投球中。がんばり屋さんだから、勉強については心配していないけど、無理しすぎて体調を壊さないか、こちらの方が心配です。

野田くんは、熊本県出身の横山ゼミ唯一の男子学生。いつもユニークな服装でゼミ参加してきて不安でしたが、就活用の写真をみせてもらったら予想外(失礼)にスーツ姿が様になっていました。本人の口癖「やるときはやります」を信じているからね。

 

今年も、この4人のゼミ生が心から満足して卒業式を迎えられるように、楽しくも厳しくゼミを行って行く予定です。その様子は折りをみてまた皆さんにご報告します。

それでは、皆さんもそれぞれの想いを大切にしっかりと頑張って下さい!

<< 前へ>> 次へ