2014年6月 9日

介護実習の報告会

2014年6月 9日

みなさんこんにちは、介護福祉コースの稲田です。

  

今日は、介護の授業の一部を紹介します。

 介護福祉実習は、2年生の夏、2年生の春、そして3年生の春に合計57日間の施設、在宅実習を実施しています。そして今、4年生は、実習の集大成に取りかかっています。

 まず、1つめは「介護福祉実習報告書」です。3つの実習での取り組みや学んだこと、また、最後には、これまで実習や講義・演習で学んできたなかで、「自分にとっての介護とは」ということで、自分の考えを書いています。「介護福祉実習報告書」は、一人A4用紙4枚にまとめています。A4、4枚と聞くと「そんなにたくさん書けるかなぁ」と思われるかもしれませんが、「書けるんですねぇ~それが…」。

 「介護福祉実習報告書」は、わたくしの老後の楽しみでもあります。学生の顔を思い出しながら(思い出せるでしょうか?ご心配なく、思い出せるよう学生の集合写真付です…)再度、じっくり読みたいと思います。

 2つめは、「介護過程」の発表です。第3段階実習では、実習施設で、担当の利用者を受け持たせていただき、その利用者の介護計画を作成します。①担当利用者の心身の状況や介護状況等を説明し、②計画の作成に至った経緯を根拠に基づいて説明し、③介護計画を実施してみて、④自分の立案した介護計画を評価する、という流れで、パワーポイントを作成し発表しています。

さすが、4年生ともなると、立派なパワーポイントができあがります。一人ひとり個性があり、甲乙つけがたい状況です。

inada 0201.jpg

パワーポイントを作成して、発表しています。

inada 0202.jpg

介護実習報告書です。

inada 0203.jpg

「介護過程」一式です。A3で12枚です。頑張りました。

 

 7月27日と8月24日に、オープンキャンパスがあります。ぜひ大学に来て、学生の生の声を聞いてください。待ってま~す。

PS.昨日ゼミの「新歓」をしました。勉強もですが大学生活を楽しみましょう。

inada 0204.jpg