介護コースの風景~その十一~

2015年7月 6日

介護コースの清水です。

 昨年度から続けてきた「介護コースの風景」も10回を越えました!

 読んでくれている皆様、ありがとうございます。

 

今回は、国家試験対策についてお話ししてみたいと思います。

 

shimizu20150301.jpg

 

介護コースでは、介護福祉士を目指す人が入るコースなのですが、介護福祉士と併せて勉強する「社会福祉士」の資格取得にも力を入れています。

 

それは本学で卒業と同時に「社会福祉士+介護福祉士」をダブルで取得して卒業すると、様々なメリットがあるからです。

 

【ダブルライセンスを学ぶメリット】

 ☆ どちらの資格も自分の将来やどんな人の役にも立つ資格。

 ☆ 大学で学ぶからこそダブルライセンス取得がねらえる。

 ☆ 就職先を見ても、介護福祉士の求人が多い。就職率100%です。

 ☆ 社会福祉士としての就職先(児童分野、障害分野、公務員、病院)も広がる。

 ☆ 利用者の生活を近くで支える人材になれる。

 ☆ 介護福祉士のリーダー的な役割を担う。

 

介護コースでは、教員の指導の下、2年ほど前から社会福祉士を受験する4年生に対して夏期対策と直前対策をするようになりました。他学年も空き時間を使って対策をしています。

 過去のブログで様子をのぞいてみてください。

 

https://www.phoenix.ac.jp/faculty/social_welfare/cw_blog/entry/2014/08/002057.html

 

学生の頑張りも加わり、ここ2年間の介護コース内での社会福祉士国家試験受験希望者の合格率は50を超えました

 

【介護福祉コース社会福祉士国家試験合格実績】

 2014年卒業生 合格率 50.0%(学内平均 31%)

 2015年卒業生 合格率 52.9%(学内平均 36%)

 

ちなみに、介護福祉士の国家試験も2年後から受験が始まる予定ですが、同レベルの「介護福祉士卒業時共通試験」では、ここ数年全員が合格点をクリアしています。つまり介護福祉士の合格率は100%です。

 

今年も、夏期対策に向けて準備中です。4年生の皆様、頑張りましょうね!!

 

「勉強も遊びも一生懸命!」な介護コースからでした!

 

興味のある方は、是非ともオープンキャンパス(7/25・7/26・8/23)に足を運んでください。

 

教員、学生、卒業生が様々な疑問にお答えします!

<< 前へ>> 次へ