福祉の仕事就職面接・相談会

2015年8月28日

こんにちは、清水です。

 現在、大学は夏休みです。

 4年生は就活をしていたり、卒論、国家試験の学習などで大学に来る学生もいます。

 3年生は社会福祉援助技術現場実習中で各施設や事業所で援助技術を学んでいます。

 2年生は介護福祉実習中で各施設で介護技術を学んでいます。

 1年生は夏休みを楽しんでいるところでしょうか?

 

さて、平成27年8月26日(水)に宮崎県の福祉の仕事就職面接・相談会が開催されました。毎年この時期にシーガイアコンベンションセンターで行われているものです。

 今回私は、受付の係員として参加させていただきました。

 69の法人や事業所等が参加し、各ブースでは学生や一般の方が面接や相談をしていました。

 臨床福祉学科の4年生も参加し、それぞれが積極的に事業所の説明を聞いたようです。

 事業所のブースに卒業生もおり、頑張っている様子でした。

 

10年後には団塊世代が後期高齢者(75歳以上)になり、認知症高齢者が増加していく社会において、福祉人材の需要はこれからますます高まっていきます。大学で学んだ福祉の知識・技術を十分に活用して仕事ができるよう、自分に合った職場を探してほしいです。

特に社会福祉士と介護福祉士、社会福祉士と精神保健福祉士のダブルライセンスは少子高齢社会の福祉基盤を支える専門職として期待されています。

 

 

shimizu201508281.jpg

 

 

shimizu201508282.jpg

 

 

 

追伸:9月19日福岡のエルガーラで出張オープンキャンパスが開催されることになりました。

清水も来場者に会えるのを楽しみにしています。臨床福祉学科のブースにぜひお越しください。

<< 前へ>> 次へ