昭和のカルチャーに親しもう!

2021年3月11日

数年前、ランちゃん(伊藤蘭さん)のコンサートチケットが、運よく手に入ったので観てきました。

蘭ちゃんをご存知ですか?

70年代に一世を風靡したアイドルトリオ、「キャンディーズ」の元リードボーカル(今のアイドルグループでいえば「センター」ですね)として絶大な人気を誇った方です。

もちろん今でも人気があり、先日「恋するリボルバー」というノリノリの新曲を出されました!

私は小学生の頃、キャンディーズの大ファンだったのです(笑)

 

皆さんは、好きな音楽のアーティスト(グループ)はいますか?

 

担当の授業で時おり学生さんたちにこの質問をします。すると答えは各人各様、私が知っている人も知らない人もいます。

ただ概ね新人~中堅までの、2000年以降に登場したアーティスト、とくに昨今のヒットチャートに上がってくるJ-POPの若いグループやアイドルが多い印象です。

まあこれはいつの時代も同様で、同時代を生きる若者同士、時代に合った歌詞や曲調が共感・共鳴を呼ぶのでしょう。

 

そんな中で、40-50代が大好きな80-90年代を代表するアーティストの名前を答える学生がいます。こちらとしては、

「おっ。」と思いますね。「分かっとるやないか(笑)」

「どうして知っているの?」と聞くと「母親が〇〇さんの大ファンで、いつも聴いています。だから私も好きになったんです」と答えます。

素晴らしい。音楽を通した感情の共有と世代間のコミュニケーションが成立しています。きっと仲の良い家族なのでしょうね。

 

その実、音楽に限らず、両親や祖父母の世代が子ども時代に親しんだ文化的背景を知ることは、これから社会福祉の分野、とりわけ高齢者福祉や児童福祉の現場に就職しようとする皆さんにとって極めて有意義なことと思います。

 

臨床福祉学科で学ぶ学生さん(これから本学科を目指そうとしている受験生の皆さん)には、とくに団塊の世代(1947-49に生まれた方々。戦後のベビーブームで出生人口のとくに多い世代)とそれに続く世代が親しんだサブカルチャーに、楽しみながら触れることをお勧めします(笑)

 

たとえば、高齢者施設ではよく音楽を使った活動が行われます。子ども時代に親しんだ唱歌や童謡、民謡。少年少女の頃に夢中になった流行歌。このような曲を伴奏し、みんなで歌う時間です。

懐かしい曲が流れると、皆さんの顔が「パッ!」と輝きます。一緒に歌う方、聴いているだけだけれどニコニコと楽しそうな方。感動して涙を流す方。琉球の有名な民謡を聴き、ニコニコと車椅子でカチャーシーを踊り出す沖縄出身の方。

いつもは寡黙なのに、音楽を聴き終えると若いころのことを生き生きと語り出す方もいます。

 

これは児童福祉の現場でも同様です。J-POPのヒット曲をみんなで合唱したり、アイドルグループの振り付けを練習して文化祭で演じたり。

ステージ本番を目指してみんなで頑張るこのような体験がもたらす自己更新と成長は、じつは侮れないものがあります。

時として、歌やダンス、演劇などの舞台表現は、人の持つプラスのエネルギーを引き出すすごい力を発揮するのです。

 

商業音楽のプロモーションの主戦場がCD販売(私たちの少年時代はまだレコードでしたよ)から、スマホ使用を前提とするサブスク等、ダウンロード方式に移って久しい現状があります。

それどころか、公式・非公式を問わず、無料で視聴できるMV(ミュージックビデオ)の動画がたくさんアップされています。

 

アーティスト自身も、運営会社との連携のもと、広くSNSや動画サイトで仕事やプライベートをPRし、新規ファン獲得と既得ファンに対するサービスに努めています。

より自分を身近に感じてもらえれば、ライブ会場に足を運んでくれるでしょうし、グッズだって買ってくれるかもしれません。本当に好きになってもらえたら、後援会に新規入会するような熱心なファンも獲得できるのです。

コンサート終了後にアーティスト自身によるグッズの手売りや握手会、チェキ撮影会などが行われるのもよく目にします。これらはみな、アーティストの営業努力です。

 

アーティストにとっては厳しい時代ですが、皆さん方にとっては、アーティストをより身近に感じ、カルチャーを気軽に楽しむことができる環境が整っているという見方もできます。これは素晴らしいことですね。

 

さて冒頭の蘭ちゃんのコンサート、第1部は最新のアルバムから、第2部はキャンディーズ時代の名曲からのパフォーマンスでした。

いやぁ、とりわけ後半の盛り上がりがすごかったですね。お客さんは総立ち、親衛隊(見たところほぼ60台の方)は今でも健在で、往年のコールを主導しました。

 

時間のある大学生のうちに、洋の東西を問わず、様々な世代の音楽を聴いてみましょう。きっと新しい発見があるに違いありませんよ!

(登坂 学)

<< 前へ>> 次へ