2021年8月

~4年生 連携実践演習~  前期最終授業一コマから   令和3年8月5日

2021年8月25日

最近注目されているチームケアや多職種連携のあり方は、福祉・保健・医療のどの領域においても求められています。この連携実践演習という科目は、福祉の専門職として連携実践力を高めるためのプログラムを組み立てており、4年生前期に位置づけています。

 

210801.jpg

コロナ禍にあり、体験型の演習はできませんでしたが、専門職の先生方(作業療法士、言語聴覚士、鍼灸師、薬剤師)からの講義を受けて、それぞれの専門職の役割と連携の考え方を学ぶ機会を設けてきました。

そして、今回は最終講義として、延岡市健康福祉部 健康長寿のまちづくり課 地域包括ケア推進係の井上氏から講義を受けました。

テーマは、「地域包括ケアシステムの構築に向けた取り組み~地域ケア会議の実際と多機関多職種連携のあり方~」です。延岡市の現状や地域ケア会議の様子などを詳しく知ることができました。また、行政の立場で連携を進めていく上では、専門職間、事業所間、職域の違う機関、分野を超えた連携等多角的視点で考えていく必要性を学ぶことができました。何よりも全ては市民のために連携を進めていく必要がある!という言葉が印象的でした。

210802.jpg

【学生の感想】

・地域ケアシステムを実現していくために取り組んでいる地域ケア会議や介護予防、医療・介護の連携のことやリハビリテーション専門職派遣事業のことなど具体的な事業内容を学ぶことができました。連携を行う上で、その道のプロの人達を相手にするので、それなりの知識が必要という言葉は印象的でした。

 

・地域ケアシステム構築にむけて、実際に行われている事業や、地域ケア会議の内容を学ぶことができました。また、実際の多職種連携について、市役所が担っている役割や、連携の困難さ、課題を学ぶことができ、より連携について考えを深めることができました。

 

210803.jpg

 

おわりに

今回は、連携実践演習の様子をレポートしてみました。このように、授業では大学教員に限らず延岡市の職員をはじめ、福祉施設や事業所、地域の方々の協力をいただき、学ぶ機会を積極的に設けています。地域と密着した九州保健福祉大学で学ぶことで、学生自身の実践力が高まっているのではないかと思います。

文責:川﨑

 

210804.jpg

保育士試験合格 おめでとう!!

2021年8月19日

臨床福祉専攻4年生の西山智晴君が7月実施された保育士試験に見事合格しました。

2108.jpg

 

保育士の仕事は児童福祉施設等で保育や地域の子育て支援です。しかし、子どもを預かって身の回りのお世話をするという単純なものではありません。障害のある方やこどもたちの命を預かり、心身の成長に携わる大切な仕事です。そのような保育士資格を得るには、2つの方法があります。

(1)  都道府県知事の指定する保育士を養成する学校その他の施設で所定の課程・科目を履修し卒業する。

(2)  保育士試験(筆記試験(9教科)と実技試験)を合格するという2つの方法があります。

臨床福祉学科では、昨年度より保育士試験対策講座を行っています。

1次試験にむけて、週に1~2回演習室で学習し、さらに試験が近くなると模試問題を何度も解くという学習しています。2次試験は実技試験。

現在、1年3名 2年生2名、3年生2名、4年生3名が西山君に追いつけと頑張っています。

高校生と模擬授業を楽しみました。

2021年8月 5日

先日、県北の高校生がサマーキャンプの一環として本学を訪問されるということで、大学当局が模擬授業を企画、私も参加させていただきました。

題して「英語の次には何をやる?――中国語でしょ(笑)」。

一回勝負の授業体験、私も1週間前くらいから徐々に緊張してまいりました。
心配なので指導案(略案)まで作ったほどで…

その概要、次の通りです。

導入:元気に挨拶してみよう!
展開:①四声――四つのメロディーで太極拳
②あなたのもう一つの名前
③チャンツで中国語
④C-POPを楽しもう!
まとめ:中国語をおススメする3つの理由

以上、正味50分の模擬授業でした。
ネタバレになるので(笑)内容の詳細については書きませんが、授業はけっこう盛り上がり、皆さん楽しんでおられたようでホッとしました。

本学は医療/福祉系の大学ということで、受験生や保護者の皆さんの興味関心は資格取得にあるようですね。
でも私に言わせると、大学教育の魅力はパンキョー(一般教養)にあり、です。

何を隠そう、この私も大学の教養科目に大いに影響された一人です。
第二外国語の中国語に出会わなければ、恐らく大学院には進学しなかったでしょうし、大学教師にもならなかったでしょう。

この一般教養科目、現在は「基礎科目」という名称に変更されましたが、四年制大学卒業生として相応しい見識を蓄え、視野を広げるためにも、その重要性は変わりません。

中国語の模擬授業、興味おありの方は、またの機会に、ぜひご参加ください。
あなたを楽しいチャイナワールドへお誘いします(笑)

(文責:登坂)


追伸:模擬授業の様子は、宮崎県立日向高等学校さんのウェブサイトをご覧ください。私は、サマーキャンプの記事の中の、どこかに居ます…(笑)

https://hyuga-hs.ed.jp/
サマキャン便り⑥ https://hyuga-hs.ed.jp/?p=5491
フロンティア科通信 7月号 https://hyuga-hs.ed.jp/?p=5651