保育士試験合格 おめでとう!!

2021年8月19日

臨床福祉専攻4年生の西山智晴君が7月実施された保育士試験に見事合格しました。

2108.jpg

 

保育士の仕事は児童福祉施設等で保育や地域の子育て支援です。しかし、子どもを預かって身の回りのお世話をするという単純なものではありません。障害のある方やこどもたちの命を預かり、心身の成長に携わる大切な仕事です。そのような保育士資格を得るには、2つの方法があります。

(1)  都道府県知事の指定する保育士を養成する学校その他の施設で所定の課程・科目を履修し卒業する。

(2)  保育士試験(筆記試験(9教科)と実技試験)を合格するという2つの方法があります。

臨床福祉学科では、昨年度より保育士試験対策講座を行っています。

1次試験にむけて、週に1~2回演習室で学習し、さらに試験が近くなると模試問題を何度も解くという学習しています。2次試験は実技試験。

現在、1年3名 2年生2名、3年生2名、4年生3名が西山君に追いつけと頑張っています。

<< 前へ>> 次へ