学科紹介

タイベック(防護服)装着体験!

2021年10月13日

精神医学の講義をご担当していただいている医療法人 向洋会 協和病院(日向市)理事長の堀徹也先生が、受講生を対象にタイベックの装着体験を実施してくださいました。学生は、タイベックを装着した状態で90分の講義を受講しました。

今回の体験は、病院内でウイルスの感染をいかに防いでいるのか、また、臨床現場で働くスタッフの方々が感染対策にともない、暑さや疲労などといかに戦っているのかを学ぶ機会となりました。

堀徹也先生、貴重な機会を設けていただいて誠にありがとうございました!

 

臨床福祉学科 西田美香

 

タイベック①.jpg

 

タイベック②.jpg

 

タイベック③.jpg

 

タイベック⑤.jpg

 

タイベック⑥.jpg

 

タイベック⑦.jpg

 

~4年生 連携実践演習~  前期最終授業一コマから   令和3年8月5日

2021年8月25日

最近注目されているチームケアや多職種連携のあり方は、福祉・保健・医療のどの領域においても求められています。この連携実践演習という科目は、福祉の専門職として連携実践力を高めるためのプログラムを組み立てており、4年生前期に位置づけています。

 

210801.jpg

コロナ禍にあり、体験型の演習はできませんでしたが、専門職の先生方(作業療法士、言語聴覚士、鍼灸師、薬剤師)からの講義を受けて、それぞれの専門職の役割と連携の考え方を学ぶ機会を設けてきました。

そして、今回は最終講義として、延岡市健康福祉部 健康長寿のまちづくり課 地域包括ケア推進係の井上氏から講義を受けました。

テーマは、「地域包括ケアシステムの構築に向けた取り組み~地域ケア会議の実際と多機関多職種連携のあり方~」です。延岡市の現状や地域ケア会議の様子などを詳しく知ることができました。また、行政の立場で連携を進めていく上では、専門職間、事業所間、職域の違う機関、分野を超えた連携等多角的視点で考えていく必要性を学ぶことができました。何よりも全ては市民のために連携を進めていく必要がある!という言葉が印象的でした。

210802.jpg

【学生の感想】

・地域ケアシステムを実現していくために取り組んでいる地域ケア会議や介護予防、医療・介護の連携のことやリハビリテーション専門職派遣事業のことなど具体的な事業内容を学ぶことができました。連携を行う上で、その道のプロの人達を相手にするので、それなりの知識が必要という言葉は印象的でした。

 

・地域ケアシステム構築にむけて、実際に行われている事業や、地域ケア会議の内容を学ぶことができました。また、実際の多職種連携について、市役所が担っている役割や、連携の困難さ、課題を学ぶことができ、より連携について考えを深めることができました。

 

210803.jpg

 

おわりに

今回は、連携実践演習の様子をレポートしてみました。このように、授業では大学教員に限らず延岡市の職員をはじめ、福祉施設や事業所、地域の方々の協力をいただき、学ぶ機会を積極的に設けています。地域と密着した九州保健福祉大学で学ぶことで、学生自身の実践力が高まっているのではないかと思います。

文責:川﨑

 

210804.jpg

保育士試験合格 おめでとう!!

2021年8月19日

臨床福祉専攻4年生の西山智晴君が7月実施された保育士試験に見事合格しました。

2108.jpg

 

保育士の仕事は児童福祉施設等で保育や地域の子育て支援です。しかし、子どもを預かって身の回りのお世話をするという単純なものではありません。障害のある方やこどもたちの命を預かり、心身の成長に携わる大切な仕事です。そのような保育士資格を得るには、2つの方法があります。

(1)  都道府県知事の指定する保育士を養成する学校その他の施設で所定の課程・科目を履修し卒業する。

(2)  保育士試験(筆記試験(9教科)と実技試験)を合格するという2つの方法があります。

臨床福祉学科では、昨年度より保育士試験対策講座を行っています。

1次試験にむけて、週に1~2回演習室で学習し、さらに試験が近くなると模試問題を何度も解くという学習しています。2次試験は実技試験。

現在、1年3名 2年生2名、3年生2名、4年生3名が西山君に追いつけと頑張っています。

介護福祉士合格率100%達成!

2021年3月30日

3月26日(金)第33回介護福祉士国家試験の合格発表がありました。

 

臨床福祉学科介護福祉コースの学生が介護福祉士国家試験に全員合格しました。

合格率100%(全国合格率71.0%)を達成。

合格者の皆様、おめでとうございます。

 

心配した学生もいましたが、無事に合格できて良かったです。

 

それから、介護福祉コースから「社会福祉士」を受験した学生4名は、全員がダブル合格となりました。

こちらも合格率100%。よく頑張りました。

 

介護の知識・技術を持った「社会福祉士」や大学を卒業した「介護福祉士」は、高齢者・障害者福祉、地域などでの幅広い活躍が期待されます。

 

4月からは、介護福祉コースの全員が高齢者施設で介護福祉士や生活相談員として働くことになりました。就職率も100%ですね。

それぞれが大学で学んだ専門知識を活かして、新しいステージで大いに活躍されることを期待しています!

 

また、困ったときはいつでもご相談ください。

(清水径子)

写真:介護福祉コースの学生と仲間たち

 

20210330.jpg

 

 

精神保健福祉士の国家資格を目指し一生懸命がんばった11名が笑顔で卒業!

2021年3月25日

今年度は、新型コロナウイルス感染予防のため、大学の講義や臨床実習が変更になるなど大変な一年間でした。

そのようななか、学生の皆さんは自分にできることをコツコツと努力し、そして、仲間で支え合いながら学習に取り組んでいました。

社会に出てから出会うであろう、患者さまや利用者さま、そして、ご家族の皆さまの力になるため、一生懸命、努力してきた皆さんを先生は誇りに思います。

困った時、大変な時は周りの人達の力を借りて、嬉しい時、楽しい時は周りの人達とその喜びを共有して、幸せであってください。

皆さんの幸せを心より願っています。

臨床福祉学科 西田美香

 

20210324.jpg

 

令和2年度 学位記授与式

2021年3月22日

3月19日(金)に学位記授与式が行われました。

残念ながら今年度も大学全体での学位記授与式は中止となりました。そのため、昨年同様、感染防止対策を行ったうえで、臨床福祉学科の卒業生と教員のみの式となりました。

 

改めまして、卒業生の皆様、保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。

卒業生のこれからのご活躍を期待しております。

 

学科長挨拶の様子

DSCF0287.JPG

 

学位記とふさ

DSCF0273.JPG

 

日本ソーシャルワーク教育学校連盟会長賞
社会福祉士養成課程 桑原日向子さん 

DSCF0274.JPG

 

日本ソーシャルワーク教育学校連盟会長賞
精神保健福祉士養成課程 田中美奈さん 

DSCF0278.JPG

 

介護福祉士養成校協会会長賞
橋口亜美さん

DSCF0282.JPG

 

集合写真 

DSCF0319 (2).JPG

※写真撮影のため、マスクを外しております

 

卒業生の皆様、またいつでも大学に遊びに来てくださいね。お待ちしております。

(清水径子)

社会福祉士・精神保健福祉士 合格率90%

2021年3月17日

3月15日、第33回社会福祉士国家試験及び第23回精神保健福祉士の合格発表がありました。

 

今年度は、コロナ禍の中、授業が一部遠隔授業になるなど、予期しない一年でした。

学生にとっても学内の立ち入りが制限されるなど、学習環境の確保が難しかったのではないかと思います。

 

本学では、国家試験対策に力を入れていますが、今年度もできるだけ今まで同様の対策を実施してきました。

 

さて、臨床福祉学科の結果をお知らせいたします。

社会福祉士は20名中18名が合格しました。合格率はなんと90%!

精神保健福祉士は11名中10名が合格しました。合格率は90.9%!

 

社会福祉士合格率は、全国で28.7%(新卒50.7%)です。

本学全体での合格率は71.4%でした。

九州私立大学では、合格率第1位です。

 

このような大変な時期でも学生が粘り強く努力した結果だと思います。

皆さんよく頑張りました。

 

お疲れ様でした。

(清水径子)

臨床福祉学科でスクールソーシャルワーカーの養成が始まります!

2021年1月21日

令和3年度入学生から、臨床福祉学科ではスクールソーシャルワーカーの養成が始まります。

スクールソーシャルワーカーについて学べるのは、宮崎県では九州保健福祉大学 臨床福祉学科だけです。ソーシャルワークの専門資格である「社会福祉士」をベースにスクールソーシャルワーカーの養成を行います。

 

スクールソーシャルワーカーとは、小学校、中学校、高校といった「学校」を主な拠点として働く専門家です。具体的にはいじめ、不登校、非行、発達障害、精神疾患や経済的な問題など、子どもたちが抱える「生きづらさ」を共感し、また一緒に考え解決につなげ、さらに学校や地域にも働きかけることで、学校が安心・安全な場所になるための役割を担うソーシャルワーカーです。

 

学校は本来教育を受ける場所ですが、「生きづらさ」のために安心して教育が受けられない子どもたちがいます。子どもたちが学校で安心して教育が受けられるようにスクールソーシャルワーカーの必要性が高まっており、全国的に配置が進められています。

 

スクールソーシャルワーカーは、子どもたちの話しに耳を傾けるのはもちろん、ときには先生や保護者の話しを聞いたり、学校以外の機関(児童相談所やフリースクールなど)と連携を図ったりします。このような取り組みをする際にソーシャルワークという専門性が必要になります。

 

臨床福祉学科ではソーシャルワークの基礎的な理解から、スクールソーシャルワークといった、より専門的な知識、技術を学ぶことができます。

 

臨床福祉学科 日田 剛

臨床福祉学科で先生の資格を取得する

2021年1月20日

臨床福祉学科は、社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士のほかに、

スクールソーシャルワーカー』
『高等学校教諭1種免許状(福祉)』

 の養成もしています。

ここでは、教員免許の取得について紹介します。

 

本学科では「社会福祉士国家試験受験資格+高等学校教諭1種免許状(福祉)」の取得に対応したカリキュラムを編成しています。

これに加えて星槎大学との連携協定を締結したことにより、星槎大学で開講される必要科目を通信教育で履修することで、「幼稚園2種」「特別支援2種」「小学校2種」教員免許状の取得ができます(高等学校教諭1種免許状(福祉)の取得が前提となります)。学費は連携生料金が適用されます。

 

<必要な費用の目安(2021年4月時点)>

小学校2種 約320,000円(通常の科目等履修生は約420,000円)

特別支援2種 約230,000(通常の科目等履修生は約300,000円)

幼稚園2種 約260,000円(通常の科目等履修生は約330,000円)

※以上に加えて、スクーリング旅費・教材費・送料等が必要になります

 

本学科は福祉士養成の学科であるため、高等学校教諭1種免許状(福祉)の一部の科目と星槎大学の通信教育科目は、卒業に必要な単位数には換算されません。

教員免許状を取得するためには、通常の学生生活に比べて経費・学習量は増えてしまいますが、卒業後の進路に教育現場での活躍が加わります。

 

臨床福祉学科は先生への道もサポートします。臨床福祉学科での福祉と教育の学びで、あなたの未来を輝かせよう。

 

臨床福祉学科 三宮

KAIGOへGO!

2020年10月12日

こんにちは。清水です。

大学は夏休みが終わり、後期の授業が9月23日から始まっています。

現在の延岡市はコロナが発生していないということもあり、3蜜を避けた対面での授業をしています。

 

さて、今回は告知です。

先日、「介護の魅力発信番組KAIGOへGO!シーズン3」の撮影に行ってきました。

10月13日(火)18:55~(4分) MRTテレビ(宮崎放送)

番組の中では移動の介護技術の一部を紹介しました。

介護コースの1年生もクイズ写真で登場します。

ご都合のつく方はぜひ、リアルタイムでご覧ください。

見逃した方は、下記のホームページに放送後アップされる予定です。

https://www.jiki.jp/kaigohego/

 

この番組、卒業生もシーズン2で登場しています。

また、シーズン3でも今後、卒業生が登場する予定です。

この番組を通して介護の魅力が多くの人に届けられますように。

 

臨床福祉学科 清水径子

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6