教育について

福祉を学ぶ学生のバリアフリー提案

2014年1月31日

以前、このブログで紹介した「福祉を学ぶ学生が建築図面を描く?」(2013.6.24付け)の続きです。

臨床福祉学科では、福祉を学ぶ学生にも高齢者や障がい者が住む生活空間に関心を持ってもらおうと、生活空間の環境整備に関する授業を準備しています。

 その学びの集大成として、『自宅の居住環境整備』と題して、これまで自分たちが過ごしてきた自宅を住宅改造するという課題をしてもらいました。

 

三宮0901.JPG

住み慣れた家なのに、平面図を描くのは意外に難しいです。

 

三宮0902.JPG

 友達と相談しながら、より良い提案を考えています。

 

三宮0903.JPG

 いよいよ発表。

 

三宮0904.JPG

自分の提案をうまく伝えることができました。

 

福祉専門職であっても、高齢者や障がい者の住宅改造では、建築図面を読める必要があります。工事をする建築屋さんは、工事の専門家であっても福祉の専門家ではないので、居住者のことをよく知る福祉の専門家の適切なアドバイスが必要です。

 

この課題は、①生活空間の問題を探す、②課題を解決する、③具体的に提案する という3つのねらい含めています。これらの経験は、彼らの将来にもきっと役立つでしょう。

提案をしてくれた学生は、いよいよ今春卒業です。臨床福祉学科での学び胸に、社会で活躍してもらいたいです。

 

臨床福祉学科 三宮基裕

現在、試験期間中

2014年1月29日

こんにちは。介護コースの福﨑です。

 大学では、先週から2月上旬まで後期の単位認定試験期間中です。 

学生は、試験勉強を頑張っている様子です。

 

写真は、「生活支援技術演習(基本Ⅱ)」の授業の一コマです。

福崎1201.jpg

試験に向けて、それぞれの科目をしっかり復習していることと思います。

単位取得に向けもうひと頑張りです。

 

さて、1月25~26日に「社会福祉士・精神保健福祉士国家試験」が福岡・熊本・鹿児島で実施されました。

4年生及び受験された皆様、本当にお疲れ様でした。

田中ゼミ卒論最終発表会開催!

2014年1月27日

田中0701.jpgみなさん、寒い日が続いていますが、風邪などひいていませんか?

 先月、とうとう田中ゼミ卒論最終発表会を開催しました。

 4年生が、昨年度から手がけた卒論を完成させ、

田中ゼミの1~3年生の前で発表するというものです。

発表日までに完成するかハラハラした学生もいましたし、

余裕を持って準備万端!という学生もいました。

みんな、ずいぶん緊張して発表したようですが、

苦労して書き上げた分、質問にもしっかり答えていました。

自分の興味があることを研究したのですから、

そのことについてはゼミの中で一番詳しくなっているはずですね。

 

25・26日は、国家試験でした。

大学4年間の集大成です。

緊張してよいから、みんなうまくいきますように!!!

みんな合格しますように!!!

これをお読みの受験生のみなさんも

みんな志望校に合格しますように!!!

あれ? 田中ゼミの4年生は、たしか・・・もう1人いたような・・・。

あれれ??? 彼の卒業はいかに!?

 

文責:田中陽子

田中0702.jpg

 

 

国試直前対策お勉強会

2014年1月14日

こんにちは。臨床心理専攻教員の横山裕です。

 今回は、精神保健福祉士国家試験直前対策勉強会についてご紹介します。

 

 今年度の精神保健福祉士国家試験まであと2週間となりました。

 

 横山ゼミは、例年一般企業就職者が多く、国試受験希望者はここ数年いませんでした。

 

 ところが、なんと今年は3人も受験します。

 

 3人とも日頃の授業をしっかりと受けているし、受験勉強にもまじめに取り組んでいて、模試の成績からいけば順調に全員合格できるところまで順調に仕上がっているようです。

 

 むしろ落ち着かないのは、私の方です。

 「家でちゃんとべんきょうしているだろうか?」

「勉強中、こたつでうたた寝して風邪をひかないだろうか?」

「ちゃんと栄養のある温かいものを食べているだろうか?」

すっかり、受験生を持つ親の気分です。

たぶん、国試受験者がいる九保大の全ての教師が同じ気分だと思います。うちの大学はホント、ゼミ生は我が子同然です。

 

なので、今日は大学の演習室に彼女らを呼び出して、目の届くところで勉強をしてもらいました。

横山0801.jpg

 

彼女らも家にこもりっぱなしよりは、同じ仲間と勉強するほうが気分転換にもなるでしょうし、なにより、教師の私が安心します。

 

朝からずっと勉強だったので、お昼は温かく栄養がありお腹にやさしいうどん定食を大学の近くのお店に食べに行きました。

 

横山0802.jpg

 

勉強したあとのあたたかいうどんは本当に美味しかったようです。

(私はいつ食べても美味しいですが、特に今日は頑張った彼女らが美味しそうに食べている様子をみることができてさらに美味しく感じました)

 

試験まで、あと少し。試験そのものはたかが人生の1ページにすぎないですが、されど目標達成のための試験なので、ぜひとも風邪等ひかないようこのまま頑張ってほしいものです。

 

受験生のみなさんも、くれぐれも体調に気をつけて頑張って下さい。

春はもう近いですよ。

学生が提案する高齢者施設

2014年1月 7日

 介護福祉士を目指す学生の授業風景です。この日は高齢者の入所施設についてみんなで考えました。実習では特別養護老人ホームや介護老人保健施設に行きます。実習での学びも参考にして、自分たちが施設を立ち上げるという設定で話し合いました。

 

日田0601.jpg

 

 話し合った内容を模造紙にまとめ、最後は施設の紹介を兼ねてプレゼンしてもらいました。

 

日田0602.jpg

 

 プライバシーと安全に配慮された施設には、温泉が設置されており、この温泉は地域にも開放されて誰でも利用できるということです。

 また、施設の敷地内には畑があり、収穫された旬の野菜や果物を使った料理が提供されるそうです。毎月イベントが開催されるので職員はかなり大変そうです。その職員には社会福祉士や介護福祉士といった有資格者が多くを占めます。

 学生のプレゼンを聞いていて、実際にやってみたいという誘惑に駆られました。

臨床福祉学科 日田 剛

日田0603.jpg

生活支援に裁縫 その2

2013年12月26日

こんにちは。介護コースの福﨑です。

今回も「生活支援技術演習(家事)」の授業の一部をご紹介いたします。

前回は雑巾を手縫いしましたが、その後はミシン中心の演習でした。

演習では、「手提げバック(小)」を作成しました。

福崎1101.jpg

 

 ミシンの使用も授業を重ねるごとに上達しています。

福崎1102.jpg

 

完成!4年生が嬉しそうにポーズを決めてくれました。

福崎1103.jpg

 

ミシンをさわったのは中学校以来・・という学生が多く、初めはミシンの糸通しに苦戦していましたが、きれいなバックができると達成感があります。

ぜひ、手作りバッグを活用してくださいね。

(文・写真:福﨑)

こころのコンサート

2013年12月24日

今年もあと少しとなりましたね。

冬休み前に、友達や先輩と忘年会やクリスマス会を計画している学生さんも多いのではないのでしょうか。

 

 今回は12月16日(月)13:30~15:35に、「延岡市総合文化センター(小ホール)」で開催された 「こころのコンサート」 様子についてご紹介します。

 【12/16 こころのコンサート 舞台】

 黒須0701.jpg

 

(こころのコンサートとは)

 「こころのコンサート」とは、延岡市内精神保健福祉施設の利用者様、病院デイケア利用者様等と共に支援スタッフや地域住民の方々が参加し、音楽を通して交流を楽しむ、毎年12月に開催されるクリスマス音楽会です。

 なお、コンサートの企画・運営者は延岡地域精神保健福祉協議会(事務局:宮崎県延岡保健所)です。

 

 (コンサート会場)
 コンサート会場は本年度から「延岡市総合文化センター(小ホール)」となり、昨年会場(カルチャープラザのべおか内、ハーモニーホール)より舞台や観客席も広くなりましたが、今年も観客席は参加者と観客でほぼ一杯でした。

(臨床福祉学科 卒業生も精神保健福祉士として働いていました)

【コンサートの司会風景】

  黒須0702.jpg

 その他、コンサート会場では、精神保健福祉士として働く本学科卒業生に数名出会いました。皆それぞれに、所属施設の患者様や利用者様と一緒に舞台に立ってダンスや歌を行ったり、「こころのコンサート」を観客席で楽しむ利用者さんをサポートしたり、と仕事に臨んでいました。

 

(主なプログラム)

 コンサートのプログラムは、「人間ていいな」「恋するフォーチュンクッキー」「女々しくて」などの歌やダンス、「ふるさと」「バラが咲いた」などのハーモニカや三味線などの楽器演奏、オペレッタ、演劇などなど、その内容は幅広く、それぞれの出演グループがコンサート出演を目的に準備、練習を重ねた様子がとてもよく伝わる、感動と笑いあり、また観客からの応援の手拍子が絶えない心温まる内容でした

 

(在学生もボランティアとして参加させて頂きました)

 また、今年の「こころのコンサート」には九州保健福祉大学 社会福祉学部 臨床福祉学科1年生の学生さんが、ボランティアとして参加させて頂きました。

 学生さんは授業の空き時間をうまく利用し、ボランティアを申し込んだそうです。会場づくりや受付、片付けなどを任され、積極的に働いていましたよ。今日の参加を通し、学生さんは多くの学びを得たことと思います。

黒須0703.jpg 事務局の宮崎県延岡保健所の担当保健師様方より

「九州保健福祉大学の学生さんが手伝いに来てくれ、とても助かりました」

 とお礼のお言葉を頂戴致しました。

 

 

 

【宮崎県延岡保健所所長、担当保健師さん(中央:筆者)】

 

 臨床福祉学科の学生さんたち、これからも、積極的にボランティア活動に参加し、がんばって下さいね。

臨床福祉学科 黒須 依子

大学時代の大切さ

2013年12月13日

先月、道後温泉に行ってきました。大学時代に部活を共にした仲間と「還暦祝い」をやるためです。大学を出てから40年近くなります。北は青森、南は沖縄と、日本に散らばった仲間が集まりました。頭がすっかり薄くなったのもいれば、昔と容姿がほとんど変わらないものなどいろいろです。でも、しゃべりだすと大学時代にワープします。暗くて、汚くて、たばこの煙に包まれていた部室の中で、ワイワイやっていた頃の雰囲気に戻ります。そしてあの時代のうれしかったこと、辛かったこと、胸がときめいたことなどが、次々とよみがえってくるのでした。ああ、大学時代は最高だった。こんな仲間がいるからそう思えるのでしょう。

 大学時代の部活が、人生に大きな影響を与えることも認識しました。我々はESS(English Speaking Society)活動をしていましたが、仲間には海外で働いていたもの、英語の教員をしているもの、留学したものが多い。そしてそれなりのポストについています。わたしなどは、ほんの出来心で入ったものでした。かわいい女子学生と話している友人を見て、「あれは誰だ」と聞くと、「同じ部活の子だよ」と聞いて、じゃおれも入ってみるかと入ってしまった。それが、自分が海外で働くという仕事の方向まで決めてしまうとは、、、。

どんな経験でも、大学時代の経験は人生に大きな影響を与えます。今、この大学にいる学生たちに、いろいろ体験してみなさい、チャレンジしてみなさいと檄を飛ばすのですが、その気になってくれる学生は多くはありません。還暦を迎え、人生を振り返って切実に感じていることに、もっと耳を傾けてほしいものですね。

文責 秋葉 敏夫

秋葉0701.jpg

 

就職率の高さは九州一!

2013年12月11日

臨床福祉学科にとっても嬉しいニュースが届きました。

 週刊東洋経済11月2日号「本当に強い大学2013」就職ランキング九州・沖縄地区(文系)で社会福祉学部が2年連続第1位を獲得しました。

http://www.phoenix.ac.jp/news/entry/2013/11/001403.html

これも3月に卒業した学生たちの成果ですね。

実は、昨今の福祉業界はあまり就職先に困らない時代です。

就職活動では、3年生から必死に何社も就職試験を受けに駆け回る・・・ということが少ない業界で、ほとんどの学生が4年生になって就職フェアなどに足を運び、就職試験を受けてきます。就職先を決めるのも夏~翌年3月ぎりぎりまで求人は残っています。

よく福祉業界の賃金が低いと思われがちですが、資格手当等を含めると他業種と比較しても決して低いものではありません。

さらに、リーダーや主任、施設長などに昇進した卒業生や、介護支援専門員(ケアマネージャー)等の更なる資格を卒業後に取得し、活躍している卒業生も多数おり、賃金も上がっています。

介護福祉コースでは、昨年の卒業生全員が福祉の道に進みました。内定をいただいた時期も早く、11月位には全員の就職先が決定していました。

先日、昨年度卒業した学生が大学を訪ねてきてくれました。皆、元気に頑張っているようでとても嬉しく思いました。

 

福崎1001.jpg


一緒に福祉を学んでみませんか?

(文・写真:福﨑)

3年生の専門ゼミ活動

2013年12月 3日

 大学は3年生になると学生が自分の研究したい分野の先生を自分で選ぶ専門ゼミという科目があります。

 私のゼミは今4年生が4人、3年生が8人でゼミ活動をしています。

私のゼミの時間は学外で学ぶことが多いです。

 今年は宮崎県の偉人 明治から大正時代にかけて2000人もの子供たちを養育し、「孤児の父」と言われている、石井十次先生が亡くなって100年にあたります。

 そこで、宮崎県北の延岡市で石井十次先生について学ぶ講演会を企画しました。

 戦後石井十次先生のお孫さんにあたる児嶋 こう一郎先生が石井記念友愛社として再興され、現在は息子さんの児嶋草次郎先生が理事長となり、児童養護施設や保育園、老人施設などを運営しておられます。この石井記念友愛社は木城町にあり、児童養護施設や、保育園が近くにあります。

 講演会に先立って、3年のゼミ生が石井記念友愛社で一泊研修をさせていただきました。草次郎先生が、十次先生の時代の養育環境を再築されましたので体験しました。

山崎0301.jpg

 調理というより、炊事をしているところです。キッチンではなく、炊事場です。向こうに見えるのが、かまどでご飯やおかずを煮炊きします。燃料はたきぎです。

山崎0302.jpg

 イモや、大根、ニンジンの皮むきは外の手押しポンプのところで行いました。

山崎0303.jpg

 出来上がったご飯は囲炉裏の間でいただきました。人生最高というくらいおいしいごはんを食べました。

 これらの体験や、十次先生の精神を現代の福祉施設運営に反映させておられる様子をいろいろ見学して、学生がこれからDVDを作る予定です。

 講演会ではDVD上映と草次郎先生の講演を予定しています。来年2月8日に延岡市文化センター小ホールで13時半からです。

 学生が企画、運営します。ぜひ皆さん足を運んでくださいね。

山﨑きよ子

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17