教育について

高齢者・障がい者の目線に立った観光ツアーの企画

2012年6月 1日

このブログでたびたび紹介しています臨床福祉学科・福祉ビジネス専攻の専門科目「高齢者・障がい者の観光」で、高齢者や障がい者を対象にした観光プランを作成しました。

 当然、学生はツアー企画など立てたこともないので、戸惑いながらも試行錯誤して個性豊かな提案をしてくれました。

  2012 kankou Plan03.jpg

 

提案1 聴覚障がい者のための観光計画

聴覚に障害がある方5人グループを設定して、長崎県のハウステンボスの2泊3日のツアーを企画してくれました。

耳が聞こえ難い分、目で景色を楽しむことや、おいしい食べ物を食べて幸せな気持ちになってもらい、普段の生活では味わえない経験をしてリフレッシュしてもらおうという内容でした。

聴覚に障害がある方は、一般に外見からは障害があることが解りにくいといわれます。しかし、とくに緊急時の情報伝達は音声によることが多く、災害時の対応が重要となります。

この提案では、専用の携帯電話を所持てもらい、緊急時にはメールで知らせるという工夫を考えていました。

 

提案2 視覚障害があるご夫婦の観光計画

視覚障害をもつご主人と奥様のご夫婦を設定して、2泊3日の沖縄ツアーを企画してくれました。

沖縄といえば青い海と空といった壮大な景色をイメージしますが、この学生は、自身が沖縄出身ということもあり、観ることができなくても風の流れ、香り、音楽などで沖縄独特の雰囲気を感じてもらえると話していました。観光はまさに『観る』ことが目的と考えがちですが、触覚、嗅覚、味覚でもその地域の魅力を感じてもらうことができるのだと、改めて感じさせられました。

  2012 kankou Plan02.jpg

 

その他、聴覚障害の方の韓国ツアー、車いすに乗る若者向けの大阪・京都の観光ツアー、高齢者夫婦の鹿児島観光、高齢者夫婦のための湯布院温泉の旅など、学生それぞれが趣向を凝らして企画をしてくれました。

  2012 kankou Plan01.jpg

 

この講義と演習で学んで欲しかったことは、『利用者の目線で考える』ということです。

物事を考えるときは、つい自分の主観で判断をしてしまいがちです。そのため、良かれと思って企画したことが結果的に押し付けになってしまうこともあります。

「障がい当事者にならなければ本当の気持ちはわからない」という言葉も耳にしますが、少しでもその方の目線に立とうという姿勢が大切なのだと思います。それでうまくいかなければ、「何が足りなかったのか」を振り返り、次に活かせばよいと思います。

 

企画内容としては十分なものではありませんでしたが、「利用者の目線で考える難しさ」を感じてもらえたことは、よい経験になったのではないかと思います。

  

福祉ビジネス専攻 三宮 基裕

学ぶということ

2012年5月 9日

 

先日 卒業生と食事をした。卒業後6年目の社会福祉士合格のお祝いであった。
彼女(仮にAさんとしよう)は夫の協力のもと、4人の子育て終了後に大学に入学した。高校を出てからずっと大学で学びたいとの思いがあったとのことである。念願がかなったのは50歳代後半になってからである。若い人たちとの慣れない大学生活は最初 緊張を強いられる厳しいものであったようだ。幸い学内には定年退職後に大学入学をされ生き生きと毎日を過ごしておられる先輩もいてずいぶん心強かったとも聞いた。
まだAさんが在学中に、私はAさんに「Aさんは卒業後は何がしたいか。」と尋ねた。その時点ですでに60歳は超えていたAさんであったが「自分には夢がある。」と言われた。
とんとん拍子というか不思議なほど順調にその夢は実現した。そして現在、現役の忙しい毎日を過ごしておられる。聞くところによると、50歳代は体調が悪く寝込むことも多かったそうだが、今ではハイキングや山登りが趣味だそうだ。
そして今の仕事にも良い影響を与えるとの考えから68歳にして社会福祉士に挑戦し見事合格である。社会福祉士は3年前にカリキュラムが変更され試験科目は13科目から19科目と大幅に増えた。Aさんはその分独学を余儀なくされた。社会福祉士は合格率が毎年全国平均で30%以下、今年は26,3%の難関であった。本学現役生の本年合格率は40%程度で大変頑張ったと言える。なんと60歳代以上の合格率は1.6%だったそうだ。それも68歳では全国最年長に入るのではないだろうか。相当な猛勉強だったことが予想される。今後はまだまだ勉学に励みそれを仕事に反映させたいとのことであった。
目を輝かせながら学ぶ幸せを強調されたAさんに教えられ、自分が励まされる食事会となった。

 

先日、卒業生と食事をした。卒業後6年目の社会福祉士合格のお祝いであった。

彼女(仮にAさんとしよう)は夫の協力のもと、4人の子育て終了後に大学に入学した。高校を出てからずっと大学で学びたいとの思いがあったとのことである。念願がかなったのは50歳代後半になってからである。若い人たちとの慣れない大学生活は最初 緊張を強いられる厳しいものであったようだ。幸い学内には定年退職後に大学入学をされ生き生きと毎日を過ごしておられる先輩もいてずいぶん心強かったとも聞いた。

まだAさんが在学中に、私はAさんに「Aさんは卒業後は何がしたいか。」と尋ねた。その時点ですでに60歳は超えていたAさんであったが「自分には夢がある。」と言われた。

とんとん拍子というか不思議なほど順調にその夢は実現した。そして現在、現役の忙しい毎日を過ごしておられる。聞くところによると、50歳代は体調が悪く寝込むことも多かったそうだが、今ではハイキングや山登りが趣味だそうだ。

そして今の仕事にも良い影響を与えるとの考えから68歳にして社会福祉士に挑戦し見事合格である。社会福祉士は3年前にカリキュラムが変更され試験科目は13科目から19科目と大幅に増えた。Aさんはその分独学を余儀なくされた。社会福祉士は合格率が毎年全国平均で30%以下、今年は26,3%の難関であった。本学現役生の本年合格率は40%程度で大変頑張ったと言える。なんと60歳代以上の合格率は1.6%だったそうだ。それも68歳では全国最年長に入るのではないだろうか。相当な猛勉強だったことが予想される。今後はまだまだ勉学に励みそれを仕事に反映させたいとのことであった。

目を輝かせながら学ぶ幸せを強調されたAさんに教えられ、自分が励まされる食事会となった。


山崎きよ子

 

 

DSC_4597.JPG

 

 

 


 

 

体験から得るもの

2011年12月16日

臨床福祉学科・福祉ビジネス専攻の専門科目「高齢者・障がい者の観光」で車いす操作体験をしました。

 

2011kurumaisu02.jpg

 

 

 

 

  

 

 

 

車いすに乗るのが初体験の学生も多く、とくに留学生は関心が高かったようです。 

この体験から得たものは2つあると思います。

一つ目は、これまで経験したことのない車いす操作の「技術」を得たことです。車いすの操作は、自分で操作するにしても後ろから介助するにしても意外と難しく、なかでも坂道やガタガタ道では、かなりの力を必要とするので思うように進めません。体験から操作の仕方や難しさを経験したことはこれからの人生で役に立つことでしょう。 

二つ目は、車いすに乗っている方や介助する方の「気持ち」を得たことです。車いすの目線で見るとどんな世界が見えるのか、操作をするとき何に気をつけないといけないのかなど、使用者・介助者の気持ちになって考えることができたと思います。 

学生の感想はさまざまでしたが、共通したことが1つあります。それは「介助してくれる人が信頼できないと不安だ」というものです。車いすを押してもらう方はすべてを介助者に委ねます。ですから、押してくれる方を「信用」はしていても「信頼」しなければなりません。この体験で相手に「信頼」されることの大切さを学んだことは、大変意義があるのではないでしょうか。 

福祉の専門用語で「ラポール(信頼関係)」という言葉があります。利用者と援助者の間でお互いを尊重できる関係ということです。これは福祉の場面に関わらず一般社会でも同じです。

何らかの理由で「観光」ができない方います。その方の気持ちになって観光計画を考えることで、旅行者と観光事業者との間にラポールが生まれるのではないでしょうか。 

今回の体験を将来の仕事に活かしてくれることを願っています。 

福祉ビジネス専攻 三宮 基裕

福祉の仕事

2011年10月 5日

30数年間、福祉行政に関わって感じたのは、「福祉」という言葉を聞いたときに、何となく、ああいうことなのかなて思っていたけれども、改めて「福祉」とは何かと自分自身に問うてみると、明確に答えることができないように思っていた。

そこで、広辞苑で「福祉」をひくと、「幸福」という意味が第一義にあることが解り、あっそうかと思った。

福祉事務所、児童相談所に勤務して、高齢や生活困窮、障がい等の問題を抱えた多くの人々と接してきたけれど、現役時代に、福祉=幸福との考えで仕事をしてきたかは、はなはだ疑問であるけれど、自分なりに仕事の仕方を振り返ると、それぞれの問題を抱えた人の生き方をまるごと受入て、さまざまな支援を実践してきたなと思っている。

福祉の仕事をとおして学んだことは、相手が人間であるということから、感性の大事さを痛感した。感性が豊かになると、自分の心が働く、泣いたり、笑ったり、疑問に思うことなど理解できるのだ、また、浅くてもいいから広い知識を得ること、広い知識があると相手との話をとおして、相手を深く理解することに役立つものである。


仕事は勿論、人のためにするものであるけれど、その仕事をとおして自己実現を図ることでもある。故に、情熱を失わないこと、持続させることも大事である思う。

福祉の仕事は、人々が幸福な生活ができるように支援していくものだから、やりがいがあるもの、その支援をするためには、旺盛な好奇心を持ち、興味、関心の幅を広げて行くことに尽きると思うのである。

山内 將利

福祉ビジネスの職場見学

2011年1月25日

福祉ビジネス専攻の専門科目『福祉ビジネス概論』で、福祉ビジネスの職場見学に行きました。

福祉の仕事といえば、たいてい福祉施設や福祉サービスの事業を思い浮かべます。高齢者がますます増えているなかで、これらの福祉サービスをより安全で快適にするために、近年、関連する福祉産業が発展しています。

今回は、住まいを提供する住宅型有料老人ホームと、福祉用具を取り扱う福祉用具販売事業所の見学に行きました。

まずは、住宅型有料老人ホームから。
住宅型有料老人ホームは、何らかの理由で在宅での生活が困難になった方が移り住む老人ホームです。訪問した『コリドールくしつ』は全室個室で、看護師さんや介護士といったケアの専門スタッフもそろっています。週に1回お医者さんが往診にも来て下さるそうです。

はじめて老人ホームを訪問した学生も多く、落ち着いた空間と快適さに驚いていました。

 

住宅型有料老人ホーム コリドールくしつ の詳細はこちら

http://www.kishou.info/index.html


2010yuuryou02.jpg

落ち着いたデイルーム 和室も備えています

2010yuuryou01.jpg 

備え付けのマッサージチェアは入居者に大人気

奥の本棚には入居者がご自身で借りた本を置いています

ホームが私立図書館に巡回図書をお願いしたそうです

2010yuuryou05.jpg 

施設長が丁寧にホームの概要を説明してくれました

みんな熱心に聞いています

2010yuuryou03.jpg

空き部屋を見せていただきました

カーテンは各居室で変えているそうです。部屋の個性を大切にしています

 

次に、福祉用具販売事業所について。

福祉用具は、病気などでできなくなったことを補助したり、お世話をする人の負担を軽減するために使います。訪問した『カクイックス ウイング』では、車いすやベッドをはじめ、お風呂で使う用具や食器など数々の福祉用具を見ることができました。車いすの多くは、現在、中国の工場で生産されているそうです。中国からの留学生は大変興味深く話を聞いていました。

 

カクイックス ウイング の詳細はこちら

http://www.kakuix-wing.com/shop/shop_nobeoka.html

2010yougu02.jpg 

所長が福祉用具の種類と使い方を丁寧に説明してくれました。

留学生にはなじみのないものも多く、大変興味を持っていました。

2010yougu01.jpg 

使用体験もさせてもらいました。

はじめての車いすで緊張していたようです。

 

私の学生時代の研究テーマは「認知症の方のための生活環境」でした。当時、調査にご協力いただいた施設長に、こんな話をしていただき、今でも心にとどめています。

「認知症のお年寄りは、毎日自分の生活を演じている役者なんだよ。そしてケアする私たちは役者が素晴らしい演技ができるようにする演出家でないといけない。でも一番大切なのは役者が演じる“舞台装置”を整えること。どんなにいい演出家がいて、役者がどんなにいい演技をしても、その舞台装置が整ってなければ素晴らしい演技ができないからね。人生という素晴らしい舞台を成功させるためにもお互い頑張らないとね。」

“舞台装置”とは住宅や施設環境であったり、演技をサポートする福祉用具のことです。

福祉ビジネス専攻の学生は、一般企業への就職希望が多いです。福祉ビジネスに関わる仕事を目指す学生には、臨床福祉学科で福祉の基礎を学んで、役者である利用者と演出家である福祉専門職の気持ちを汲み取った舞台づくりができる人材に育ってくれればと願っています。

福祉ビジネス専攻

三宮 基裕

安心した観光旅行を提供すること

2010年12月15日

以前、このブログで紹介した『高齢者・障がい者と観光』という専門科目で、透析患者の観光について学びました。 

透析とは、病気などで腎臓が機能しなくなったことで体内中にのこる毒素を人工的に取り除く治療です。透析の患者さんは2~3日に1回、病院で人工透析を行わければならず、長期の観光旅行が困難とされています。 

透析について研究されている本学保健科学部臨床工学科の竹澤先生にお願いして、3回にかけて透析について講義していただきました。初回の講義では透析について基本的な事柄を学び、2回目は竹澤先生が以前手掛けられた透析患者の観光ツアーを紹介してもらいました。

 

竹澤先生の企画した透析ツアー:

株式会社アーリー・バードが運営する旅行代理店「いとしの旅舎」

http://www.ebird.co.jp/itoshi/html_tour/order/tour_toseki.html

 

講義の中で、「透析は2~3日に1回、必ずしないといけない。それが一生続くのです。ですから患者さんは遠くまで出かけることをあきらめている。受け入れてくれる観光地の選定と現地病院の手配に大変苦労するからです。観光の受け入れ先が透析の基本的な事を理解し、また病院との連携が図れれば、実現可能です」とおっしゃられました。

また、「食事制限などで患者の家族も同様につらい思いをしている。同じ悩みをもつ患者のご家族と一緒に旅行することで励みにもなるし、活力にもつながる。ある意味では患者さんよりも喜んでいるかもしれない」とのお話は、福祉観光を考える新しい視点でした。 

「旅行をあきらめない」「家族も一緒に楽しめる」そんな福祉観光を考えたいものです。

 最終回は臨床工学科の実習室を見学させてもらい、透析をするまでの準備を体験させていただきました。

2010touseki01.jpg

通常、7分ほどで終わらせる準備ですが、学生たちは、悪戦苦闘しながらも20分ほどかけてなんとかやり遂げました。ほんのわずかですが透析患者さんの気持ちが伝わったのではないでしょうか。

2010touseki02.jpg

短時間の講義と体験でしたが、大変意義ある時間を過ごすことができました。

安心した観光旅行を提供するには、何よりツアー参加者の事を知らないといけません。この経験を彼らの将来にきっと役立ててくれることでしょう。

 

福祉ビジネス専攻

三宮 基裕

福祉観光に寄せられる期待

2010年10月15日

福祉ビジネス専攻の学生が受講できる『高齢者・障がい者と観光』という専門科目で、ユニバーサル デザインツアー(誰にとっても参加しやすい観光旅行) に取り組んでいる旅行業者『旅のよろこび株式会社』(熊本市)の代表取締役 宮川先生を 外部講師として招き、仕事の内容や旅行の様子について 話を聞きました。

宮川さんは、もともと旅行会社に勤務しておりましたが、当時の障がいを持たれた方の旅行の添乗経験と 旅行を終えたお客さまの感謝の言葉から、この仕事にひかれ、平成18年に同社を設立しました。はじめは、なかなか認知されなかったようですが、最近ようやく口コミで人気が出はじめた とのことでした。

 講義では 宮川さんのこれまでの業務の経験をお話くださいました。どの話も大変新鮮で、学生ともども聞き入ってしまい、あっという間の90分でした。

 大変印象的だったのは、「ハワイの海を見たお客様が涙を流して喜ばれた。景色を見て涙を流すことなど あまりないですよね。」という言葉です。これまで涙を流すほどの景色を見たことがありますか?その涙には「景色がきれい」というだけでなく、「この景色を見に来ることができた」という喜びのほうが大きいような気がします。

 

kankouUD.jpg

国土交通省総合政策局「観光のユニバーサルデザイン化 手引き集」の表紙より

高齢の方や障がいを持たれている方は、旅行することに半ば“あきらめ”があるのかもしれません。テレビや雑誌、旅行のチラシをみても「行ってみたいがムリだろうな」という気持ちが先行しているのではないでしょうか。実際、私がおこなった高齢者へのヒアリング調査でも「若いころは旅行が好きで、婦人会の旅行には必ず参加していたけれど、年を取ってからは、ほかの参加者に迷惑をかけるから行けない」という話をよく聞きます。

宮川さん達のような取り組みが、これからますます増えてくれば、きっとすべての人があきらめることなく旅行を楽しめる時代が来るはずです。

福祉ビジネス専攻で学び、卒業した学生諸君が、旅行を企画する立場と旅行をあきらめかけた当事者の方を支える立場の双方から、ユニバーサルデザインツアーを先導する人材になってもらえることを願っています。

臨床福祉学科 福祉ビジネス専攻

三宮 基裕

動物を福祉に活かす?

2010年9月24日

今回は、臨床福祉学科・動物療法専攻の紹介をさせてもらいます。

動物療法専攻では、社会福祉士の受験カリキュラムをベースとして、「アニマル・セラピー」を実践・コーディネートできる人材を養成しています。

アニマル・セラピーは、単に動物を人とふれあわせるだけの活動ではありません。より良い実践にするためには、ともに活動する動物たちの特性を学んでいること、そして何より、高齢者・障害者・子どもなど、対象となる人々の福祉・心理について十分に理解をしていることが求められます。

このため、動物療法専攻では、人の福祉・心理に関わる様々な授業とともに、動物の行動学的理解やトレーニングを学ぶ科目が開講されています。

そんな専攻の活動風景の一場面です。

kato01.JPG

犬の散歩をしていますね。これは、専攻で飼育している「専攻犬」の世話の様子です。

次の写真は、「動物トレーニング実習」の一場面です。

kato02.JPG

 

アニマル・セラピーに参加するためには、動物たちが一定レベル以上のしつけを受けている必要があります。また、連れて行く人も、動物たちの行動の意味や扱い方について、十分な知識を身につけなければなりません。専攻の学生と専攻犬は、日々の世話やトレーニングを通して、「犬『が』学ぶ」・「犬『で』学ぶ」の2つを勉強しています。

今年度前期から4年生を対象として開講されている「アニマルセラピー学外実習」では、大学の近くの施設にご協力頂き、学生・専攻犬によるふれあい活動が行われています。これまでの勉強の成果を活かし、現場で立派に活動する学生・犬の様子を見ることができ、専攻の教員として感慨もひとしおです(ちょっと大げさ??)。

「動物療法専攻についてもっと知りたい!」という人は、ぜひ、下記のブログもご覧下さい。学生の視点から、専攻の日々の様子を紹介しています。

http://anithera.exblog.jp/

加藤 謙介

サービス提供者となるための『医療への貢献』と『協働』

2009年12月10日

12月ともなると,めでたいことやひやりとすることや,事なきを得たことなど,様々な思い出が頭をよぎります.

九州保健福祉大学の学生さん達も高学年になると実習に参加して,医療や福祉現場に出入りする機会も多くなります.そのような分野で働く人たちに求められることとして『医療への貢献』という概念があります.

技術や知識を超えて,それらを活かすために医療に関わる全ての人に求められることです.多かれ少なかれ,障がいを持つ人や,病気と闘う患者さんに真摯に向き合い,どうすれば,より良い方法へ改善出来るかと時には議論しながら,協力して働くことは,最近は『協働』ということばに表現されていますように,チームとして患者さんや世話を受ける人のよりよい生き方(安寧)という共通の目的に向かうことを意味します.

医師,看護師,社会福祉士,精神保健福祉士などの方々が協力して始めて可能となります.個人の力のみでなく,それ以上の力が生じてまいります.医療はサービスです.スタッフ一同に『医療への貢献』というものが要請されます.そのためには日頃から,知識のみでなく,コミュニケーションをとる力,体力,応用力も磨いておくことが肝要です.

いつでもサービスを提供できるように,そのための力を蓄えましょう.


butapest+206.jpg






写真:国際てんかん学会ブタペストのドナウ河夜景


記:鶴 紀子





哲学は教えられるか

2009年11月13日

古代ギリシャのソフィスト(教師)のひとり、プロタゴラスは、人間の徳(能力)には「生活技術における徳」と「ポリス(社会)を形成するための徳」の2種類あると言っている(プラトン『プロタゴラス』より)。

前者の徳はプロメテウスによってもたらされた〈火〉と〈テクネー〉(⇒technique)に由来し、一人の専門家がもっていれば「たくさんの素人のために間に合う」、いわゆる専門技術に関する徳である。それに対して後者の徳、すなわち〈正しさ〉と〈慎み〉(羞恥・畏怖)の徳は、直接ゼウスから与えられ、「ポリスが友愛と秩序において成立する」ために、すべての人間が分かち持たなければならない徳とされる。

古代ギリシアでは、この後者の徳つまり「ポリス的徳」が本来的な徳であり、前者の徳つまり「技術的徳」は派生的な徳にすぎないとされていた。したがって、当時の教育論議の基本的課題は、「ポリス的徳」はそもそも「教えられるのか」、「教えられるとしたらどのような方法があるのか」といったことでなる。

プロタゴラスは、「この徳は......ひとりでに具わるものではなく、教えられることができる」と言う。それに対してソクラテスは、「この徳は教えられない」と主張する。このソクラテスの主張から「哲学(philosophy)」が生まれる。つまり、人間にとって最も大切な徳は「教えられる」のではなく自分で「学ぶ」しかない、という自覚から「哲学」は始まる。

「技術的徳」の獲得を第一の目標とする教育の場で、その「哲学」を「教える」ことには、もともと2重の障壁がある。そのうえ、ソクラテスと違って、学生と対話を続けていくための素材と言語を十分に持ち合わせていないという私自身の無能(不徳)の障壁がある。そこで私は毎年自分に問い続けている――「哲学は教えられるか」と。


栗栖照雄

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17