学科・専攻の活動

高校生と模擬授業を楽しみました。

2021年8月 5日

先日、県北の高校生がサマーキャンプの一環として本学を訪問されるということで、大学当局が模擬授業を企画、私も参加させていただきました。

題して「英語の次には何をやる?――中国語でしょ(笑)」。

一回勝負の授業体験、私も1週間前くらいから徐々に緊張してまいりました。
心配なので指導案(略案)まで作ったほどで…

その概要、次の通りです。

導入:元気に挨拶してみよう!
展開:①四声――四つのメロディーで太極拳
②あなたのもう一つの名前
③チャンツで中国語
④C-POPを楽しもう!
まとめ:中国語をおススメする3つの理由

以上、正味50分の模擬授業でした。
ネタバレになるので(笑)内容の詳細については書きませんが、授業はけっこう盛り上がり、皆さん楽しんでおられたようでホッとしました。

本学は医療/福祉系の大学ということで、受験生や保護者の皆さんの興味関心は資格取得にあるようですね。
でも私に言わせると、大学教育の魅力はパンキョー(一般教養)にあり、です。

何を隠そう、この私も大学の教養科目に大いに影響された一人です。
第二外国語の中国語に出会わなければ、恐らく大学院には進学しなかったでしょうし、大学教師にもならなかったでしょう。

この一般教養科目、現在は「基礎科目」という名称に変更されましたが、四年制大学卒業生として相応しい見識を蓄え、視野を広げるためにも、その重要性は変わりません。

中国語の模擬授業、興味おありの方は、またの機会に、ぜひご参加ください。
あなたを楽しいチャイナワールドへお誘いします(笑)

(文責:登坂)


追伸:模擬授業の様子は、宮崎県立日向高等学校さんのウェブサイトをご覧ください。私は、サマーキャンプの記事の中の、どこかに居ます…(笑)

https://hyuga-hs.ed.jp/
サマキャン便り⑥ https://hyuga-hs.ed.jp/?p=5491
フロンティア科通信 7月号 https://hyuga-hs.ed.jp/?p=5651

ゼミ活動(就職活動準備)

2021年6月24日

3年生のゼミ活動の一環として、学内のキャリアサポートセンター(学食前)を訪問した様子をお知らせします。

  

21062400.jpg

 

3年生は、卒業論文作成に向けて、関心のあるテーマをもとに研究を進めていく段階です。4年生の11月には論文提出となります。まだまだ先だと考えていると、大変なことになるために、いつも3年次にゼミ活動の一環として、キャリアサポートセンター職員から、就職活動のノウハウを教えてもらっています。

 4年生になると、卒業論文、国家試験対策、そして就職活動と並行して進めていかなければなりません。とにかく、大学生活の中で一番忙しい時期になります。なぜならば、自分で計画的に行動していかない限り事が進んでいかないからです。まさしく、主体的行動の試行時期になります。

 

21062403.jpg

特に、就職活動は学生一人ひとりの方向性が異なるため、どのように活動していけば良いのか悩むことが多いようです。そんな学生を全面的にバックアップしてくれるのが、キャリアサポートセンターです。就職ガイダンスの実施や全国各地から寄せられる職員募集情報の提供はもちろん、履歴書の書き方指導や面接の練習もしてくれます。また、先輩たちが就職試験の情報をファイルに残しているので、それを参考に試験対策ができるようになっています。今年も、とても役に立つ情報を聞くことができました。

 センター職員からは、「時間があるときにはセンターに来てもらい、就職について考えを聞かせてもらっておくと、個別にでも良い情報をお知らせできますよ。そして、関心がある事業所があれば、実際に見学に行くことをお勧めしますので、遠慮なく相談してくださいね。」とのことでした。百聞は一見に如かず!!行動あるのみですね。

 キャリアサポートセンターは、学生にとって、とても心強いところだと思います。

 最後に、学生からの感想を紹介します。

 ・漠然としていた就職に対するイメージがはっきりとしたことで、自分がこれからどのように動いていかなければならないかを考えるきっかけになりました。

 ・就活についてまだ先のことだと思っていましたが、今から将来に向けてすべきことが多くあると改めて気づきました。

 ・4年次では就活だけではなく、国試の勉強や卒論執筆と共に両立していかなければならないので、自主的に計画を立てることが大切だと思いました。


21062410.jpg

 

文責:川﨑

 


 








 

介護福祉士合格率100%達成!

2021年3月30日

3月26日(金)第33回介護福祉士国家試験の合格発表がありました。

 

臨床福祉学科介護福祉コースの学生が介護福祉士国家試験に全員合格しました。

合格率100%(全国合格率71.0%)を達成。

合格者の皆様、おめでとうございます。

 

心配した学生もいましたが、無事に合格できて良かったです。

 

それから、介護福祉コースから「社会福祉士」を受験した学生4名は、全員がダブル合格となりました。

こちらも合格率100%。よく頑張りました。

 

介護の知識・技術を持った「社会福祉士」や大学を卒業した「介護福祉士」は、高齢者・障害者福祉、地域などでの幅広い活躍が期待されます。

 

4月からは、介護福祉コースの全員が高齢者施設で介護福祉士や生活相談員として働くことになりました。就職率も100%ですね。

それぞれが大学で学んだ専門知識を活かして、新しいステージで大いに活躍されることを期待しています!

 

また、困ったときはいつでもご相談ください。

(清水径子)

写真:介護福祉コースの学生と仲間たち

 

20210330.jpg

 

 

精神保健福祉士の国家資格を目指し一生懸命がんばった11名が笑顔で卒業!

2021年3月25日

今年度は、新型コロナウイルス感染予防のため、大学の講義や臨床実習が変更になるなど大変な一年間でした。

そのようななか、学生の皆さんは自分にできることをコツコツと努力し、そして、仲間で支え合いながら学習に取り組んでいました。

社会に出てから出会うであろう、患者さまや利用者さま、そして、ご家族の皆さまの力になるため、一生懸命、努力してきた皆さんを先生は誇りに思います。

困った時、大変な時は周りの人達の力を借りて、嬉しい時、楽しい時は周りの人達とその喜びを共有して、幸せであってください。

皆さんの幸せを心より願っています。

臨床福祉学科 西田美香

 

20210324.jpg

 

社会福祉士・精神保健福祉士 合格率90%

2021年3月17日

3月15日、第33回社会福祉士国家試験及び第23回精神保健福祉士の合格発表がありました。

 

今年度は、コロナ禍の中、授業が一部遠隔授業になるなど、予期しない一年でした。

学生にとっても学内の立ち入りが制限されるなど、学習環境の確保が難しかったのではないかと思います。

 

本学では、国家試験対策に力を入れていますが、今年度もできるだけ今まで同様の対策を実施してきました。

 

さて、臨床福祉学科の結果をお知らせいたします。

社会福祉士は20名中18名が合格しました。合格率はなんと90%!

精神保健福祉士は11名中10名が合格しました。合格率は90.9%!

 

社会福祉士合格率は、全国で28.7%(新卒50.7%)です。

本学全体での合格率は71.4%でした。

九州私立大学では、合格率第1位です。

 

このような大変な時期でも学生が粘り強く努力した結果だと思います。

皆さんよく頑張りました。

 

お疲れ様でした。

(清水径子)

生活支援技術演習

2020年7月 4日

大学での対面授業が開始されて1か月が過ぎました。

東京では、新型コロナウイルス感染者が7月2日(木)に100人を超える事態となってきました。

終息するのは、もっともっと先になるでしょうね。

6月8日のブログで、1年生のマスクづくりを紹介しました。

この時は、慣れないミシンを使っての作成でした。

今日は、介護福祉コースの学生が、「生活支援技術演習(家事)」の授業として、「手作りマスク」を作成しました。

作り方は、一度経験しているので戸惑うことはありませんでしたが、「なみ縫い」が難しかったようです。なみ縫いと言うより一針一針丁寧に縫っていました。

今後、マスク不足となっても、家で作れるようになりました。


200704-01.jpg


200704-02.jpg

稲田弘子

リモート相談室を開設します

2020年7月 3日

終息の兆しをみせていた新型コロナウイルスの感染ですが、都市部を中心に第2波を思わせる状況で、とても心配です。

幸い宮崎県は7月2日時点で感染者が0ということもあり、感染症対策を十分にして対面での授業を開始しています。


7月19日(日)には、オープンキャンパスを開催します。今年度は感染対策の一環として「予約制」となっていますので、ご注意ください。


臨床福祉学科では、学科の特色説明や設備見学、在校生・卒業生との面談を企画しています。ぜひ、ご来場ください。


また、当日本学に来場できない方のために、臨床福祉学科では「リモート相談室」を開設します。

個別の質問に丁寧に答えるために、こちらも予約制にしています。

映像による学生生活紹介や在校生・卒業生との面談など学内と同じ企画を準備していますので、ぜひご予約ください。


<臨床福祉学科リモート相談室>

日時:7月19日(日)10時~15時(希望する時間帯で30分程度)

方法:Google Meet または Zoom による会議アプリ


ご希望の方は次のアドレスまでメールを送信してください。

後日、入室方法等について連絡いたします。 


予約メール ⇒ rinfuku@phoenix.ac.jp

 

メール受付期間:7月16日(木)まで


マスクづくり

2020年6月 8日

6月1日からやっと対面授業になり大学の景色もにぎやかなキャンパスに戻りつつあります。

さて、先日久しぶりに1年生と会い学科全員(教員も)でマスク作りを経験しました。まだまだマスクが不足しているなかで、1枚でも多くのマスクを優先されるべき医療機関や福祉士施設に届けて欲しいという願いもあり自分マスクを作成しました。

最初は、慣れないミシンを使っての縫製作業でしたが個々で選んだ布で出来上がったマスクを見て、皆さんとても嬉しそうでした。

 

200605.jpg

今回の新型コロナ禍で、今まで当たり前だと思っていた日常に変化が生じ正直、戸惑いを感じています。

例えば、レジでの金銭のやり取りを直接行わず、トレイに入れることです。先日、スーパーに行った際、店員さんがおつりをトレイに入れ、高齢の方が小銭をトレイから取り出していました。しかし手先が不自由でなかなか小銭を掴めず苦労されていました。

また新聞の投稿欄には、耳の不自由な方が職場で同僚がマスクをしているため相手の口元が見えず、何度も聞き返しているという記事を読みました。

ついつい見過ごされそうな日常の中から、他人事ではなく自分事として様々な視点で物事を見る目や心を持つことはとても大切だと思います。

社会生活が大きく変化するなかで、誰もが「普通の暮らし」を送れるような日々を目指さなければならないということを痛感しています。

 

これからもコロナに負けないように頑張りましょう!!

貫 優美子

遠隔授業とマスク作り

2020年5月 7日

こんにちは、臨床福祉学科の清水です。

大学では、4月27日~5月1日の間に学年別に遠隔授業と新型コロナウイルス感染予防等の説明会を開きました。また、各自が自宅に戻り、短時間でしたが遠隔の模擬授業も行いました。

 

200507-01.jpg

 

200507-02.jpg

 

久しぶりに皆さんと会えましたが、今までのような対面授業は難しい状況です。

 

5月7日より遠隔授業が始まります。

皆さんと授業でお会いできるよう、教員も遠隔授業に向け準備を進めています。

 

学生の皆さん、一緒に乗り越えていきましょう!

 

清水は、授業がお休みの間、布マスクを大量に手作りしていました。

実は、介護福祉コースの生活支援技術演習(家事Ⅱ)という科目では、ミシンや裁縫を教える時間があります。

今回は、授業が始まったら「マスクを作る」ための教材づくりの一環として、家政実習室に眠っていた布を利用し、教員と布マスクを作成していました。

しかし、なかなか授業が開始できず、学生へ配布をしようとの声も挙がり、大量のマスクの作成が始まりました。学生全員に配布するとなると、物資や人手が足りず、布の提供や型どり、ミシンでの縫製、洗濯、アイロンがけ、ゴム通し等の作業を、多くの教職員(の家族にも)、臨床福祉学科の学生さんにお手伝いいただき、マスクができました。

 

200507-03.jpg

 

臨床福祉学科の皆さんには、説明会の来学時に配布しました。使い心地はいかがですか?

 

今はサージカルマスクをお店で見かけるようになってきましたが、高額のものが多いです。

また、今後の学外実習等ではマスクの着用が必要になってきます。

是非、サージカルマスクは実習用に確保し、普段使いに布マスクを使用してください。

それではまた、授業でお会いできるのを楽しみにしています。

留学生と調理実習

2019年12月13日

みなさんこんにちは。介護福祉コースの稲田です。久しぶりのブログになります。


今日は、介護福祉士養成科目である「生活支援技術演習(家事Ⅱ)」の授業の中で、「郷土食」「高齢者ソフト食」の調理実習ということで、チキン南蛮とお味噌汁を作りました。

介護福祉コース1年生と今年9月から科目等履修生として中国から留学している「杜 宛庭」(トゥ ワンティ)さんと介護教員と楽しく調理実習をしました。

 

 

20191213-01.jpg

つけダレとタルタルソースの味は、2グループに分かれ、それぞれのグループがスマホで検索したレシピで作りました。

1グループは、タルタルソースにレモン汁を、1グループは牛乳を入れていました。

2グループともとてもおいしかったです。

みんな全量摂取

 

杜さんは、日常会話なら話ができます。我々も杜さんに中国語を教えてもらいましたが(自分の苗字位ですが)、中国語は発音がとても難しいです。

「学食のチキン南蛮がとてもおいしい」2.3月に中国に帰省するとのことなので、「家族にチキン南蛮を作ってみたい」といっていました。介護福祉コースの学生も、いつもお世話になっている保護者の方に作ってみてください。介護は実践することが大事ですので。

 

 

20191213-04.jpg

 

 

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9