学科・専攻の活動

介護コースの風景~その9~ 介護福祉実習報告書

2015年4月23日

こんにちは。介護福祉コースの清水です。

 今年度も介護コースの風景というテーマで引き続きブログを更新していきます。

 

4月も終盤、来週からゴールデンウィークですね。

 早いものです。卒業式での別れから一転、新しい出会いもありました。それはまたの機会に。

 

さて、以前のブログにも書きましたが、新4年生は2月からの春休みを利用して介護福祉実習を行いました。

 介護コースでの実習は、介護福祉士になるための実習と社会福祉士になるための二つの実習があります。

 *介護福祉士になるための実習は、2年次の夏に第1段階、春休みに第2段階、そして3年生の春休みに第3段階と段階的に実習を行うものです。

 *社会福祉士を目指す人は、3年生の夏休みに社会福祉援助技術現場実習があります。

 つまり、介護コースでの実習は、4年生にとっては春休みの実習が最後でした。

 

新4年生は現在、実習の集大成として「介護福祉実習報告書」をまとめています。

 内容は、介護福祉実習で学んだこと、私の介護観等です。それを4枚の報告書として提出し、それが写真のように冊子になります。

 

↓ 昨年度の報告書

 

shimizu20150101.jpg

 

 

毎年、この介護福祉実習報告書を読むと、学生が実習で多くを学び、大きく成長したさまをみることができます。

 

今年の報告書はどうでしょうか。

 4年生は、第1段階から第3段階に実習中学んだことや取り組んだことを一つ一つ振り返りながら、報告書作成を進めています。

 

↓報告書を作成している4年生の様子

 

shimizu20150102.jpg

 

 

私も陰ながら、応援していますよ。

大学1年生の講義風景

2015年4月17日

こんにちは、臨床福祉学科介護コースの貫です。

 

1年生の授業が本格的に始まりました。

 大学の講義は90分授業で、1年生は割と講義が詰まっており少しバテ気味の表情ですがそのうち慣れてくると思います。

 

今日は介護コースを選択した1年生に「なぜ福祉(介護福祉士・社会福祉士)の道を選択したのか」を聞いてみました。

 

 

nuki2015041701.jpg

 

〇小学生のころから叔父の介護を少し手伝っており、叔父のように困っている人の役に立ちたいと思ったから。

 

〇親の影響で、福祉の仕事から帰ってきた親の話を聞くうちに、自分もそこに身を置きたいと思ったのがきっかけだった。また「あかつき学園」と言う場所でボランティアをして、障害のある人達と話をしたことで興味は大きいものになった。

 

〇元々、福祉に興味があり、認知症の祖母を介護する母の姿を見てきて、自分にも何かできるのではないかと福祉を選んだ。

 

〇母が介護職で働いていたため、興味を持った。また宮崎県の福祉を良くしようと思ったからである。将来は市役所で働きたい。

 

〇中学校と高校でボランティアとして高齢者施設に行ったことがある。その時、会話をしている利用者の笑顔を見て、自分に向いている仕事ではないかと思ったから。

 

〇人の役に立ちたいと思ったから。

 

皆さん、福祉を選択した理由はそれぞれですが、身近な人の姿を通して福祉の道を志す学生も多いということが分かりました。

 

これから「自分も誰かの役に立ちたい」「福祉に興味がある」と思っている人は気軽に大学に遊びに来てください。お待ちしております。

 

 

nuki2015041702.jpg

 

 

新学期

2015年4月 2日

長い春休みも終わり、大学も新学期が始まりました。

長いと言っても介護福祉コース2,3年生は介護福祉実習がありましたので、他の学生よりちょっと短い春休みとなりました。

実習お疲れ様でした。

 

4月1日、在学生のオリエンテーションがあり学生が来ています。

久々に活気のある大学になりました。やはりこうでなくっちゃ。

 

平成27年度の目標

いろいろありますが、来年も元気で桜を見ること

また、1年間頑張りましょう。

 

 

inada 15040201.jpg

 

介護福祉コース  稲田弘子

見学会実施中!+介護コースの風景~その8~

2015年3月12日

こんにちは、介護コースの清水です。

 大学は、現在春休み中です。写真のようにがらんとしています。

 学生はクラブ活動で来ている子を見かけるくらいでしょうか。

 

介護コースの学生はというと、春休み中に介護実習に出ています。

 2年生は2回目の実習(17日間)で10日に無事に終わりました。

 3年生は3回目の実習(23日間)で来週の18日まで。

 それぞれの施設で介護技術やコミュニケーションに悩みながらも楽しそうに日々頑張っています。

 

更に、今年の夏に社会福祉援助技術現場実習に行く2年生は、体験実習にも2日間行っています。

 夏休みや春休みを利用して在学中に様々な現場を体験することで、大学内だけでは学べないことを感じ取ることができ、幅の広い福祉分野の職場の中から自分に合った分野を見つけることができる貴重な時期です。

 

さて、介護コースの教員は、介護実習の巡回指導や4月からの授業の準備、研究などなど毎日忙しくしています。そう、教員に春休みはないのです。

 

 

shimizu0801.jpg

 

※高校生の皆様へ

 現在、相談会及び見学会実施中です!

臨床福祉学科に合格したけれど不安がある方、臨床福祉学科に少しでも興味がある高校生(学年は問いません)、お気軽に下記までご連絡ください。

臨床福祉学科の教員がどんなことでもお答えいたします。

実施日時:平成27年2月21日(土)~平成27年3月22日(日)

平日9:00~16:00、土・日13:00~15:00(3月19日を除く)

内容:学内設備等の見学および入学後の勉学・学生生活や環境などの相談を約1~2時間程度で行っています。

お申込み方法:ご希望の日時の1週間前までに①希望日②お名前(合格者の場合は受験番号)③見学希望学科(臨床福祉専攻もしくは臨床心理専攻)④高校名⑤ご連絡先を電話・メール等で入試広報室までお知らせください。

 

九州保健福祉大学 入試広報室

フリーダイヤル 0120-24-2447

FAX 0982-23-5540

E-mail kouhou@phoenix.ac.jp

介護コースの風景~その7~

2015年1月26日

こんにちは、介護コースの清水です。

 年が明け、成人式も終わり、学生たちには後期の単位認定試験が近づいてきています。介護コースでも今週から実技試験や筆記試験が行われている最中です。

 

4年生は社会福祉士国家試験受験のため、鹿児島や福岡にそれぞれ出発します。

 国家試験を前に介護コース4年生有志で学食カメリアにてカツカレーを食べてゲン担ぎをしました。

 

 

shimizu0701.jpg

 

 

他の大学では「単位パン」というクリームパンが売り切れなのだとか、何かにすがりたいそんな心境が学生からも伝わってきます。

 

体調に気を付けて、今まで学んできた成果を発揮してくださいね。

介護コースの風景~その6~

2014年12月15日

こんにちは、介護コースの清水です。

 今日は12月10日(水)に行われた消防・防災訓練の報告を致します。

 

大学では毎年防災訓練を実施しています。

 今回の訓練の目的は、学生の避難訓練及び災害時の防災教育と自衛消防組織の初期消火活動等任務の確認、そして防災資機材の活用でした。

 

「日向灘沖を震源とするマグニチュード9の南海トラフ大地震発生に伴う防災訓練。3学部で建具倒壊による負傷。地震による火災が発生。」という想定の下、行われました。

 

授業中にサイレンがなり、慌てて机の下に隠れるように指示、その後、校舎外へ避難しました。

 避難した後は、学生の出番です。

 

介護コースの学生は、毎年、応急救護班として救急本部を立ち上げ、防災資機材である簡易ベッドを組み立てます。今年は3年生対象でした。

 

 

shimizu0601.jpg

 

ベッドを組み立てるとすぐに、担架等で負傷者が運ばれて来ました。学生たちは負傷者の状態把握も行いました。

 

 

shimizu0602.jpg

 

その後は、安全防護班より体育館でテントの設営や簡易トイレの設営方法を学びました。組み立て方は意外と簡単です。

 

 

shimizu0603.jpg

 

 

shimizu0604.jpg

 

終了後は、炊き出しのカレーを食べました。

 社会福祉学部の3年生が炊き出し班として朝からカレーを200食も作ってくれていました。とてもおいしかったです。

 

 

shimizu0605.jpg

 

他の場所では、消火活動や避難誘導なども行われ大規模な防災訓練でした。

 

防災訓練は、いざ災害が起こった時どう動けばよいのかを考えるよい機会です。

 震災が起こったときは、大学が宮崎県北の拠点になる場所の一つとして様々な対応が求められているようです。

 

備えあれば・・ですね。

 

ちなみに、オレンジのジャケットは、今回、職員やボランティアさんに貸し出されたものです。ボランティアの皆さん、大活躍でしたよ。寒い中お疲れ様でした。

トイレの花子さん 4

2014年12月10日

前回はうまく写らなかったので割愛しましたが,10月以降はこのような花々が私たちの目を楽しませてくれました。ありがとうございます。

 『トイレの花子さん3 白い色は何色』 2014年10月22日付

 http://www.phoenix.ac.jp/faculty/social_welfare/cw_blog/entry/2014/10/22/


nagatomo0301.jpg nagatomo0302.jpg

 

花の名前に疎い人間ですので,お恥ずかしい限りですが,全くわからない花もあります。それでも,12月の花はわかります。

  

nagatomo0303.jpg

 

椿の花。歌は,都はるみ「アンコ椿は恋の花」,小林幸子「寒椿」。椿が歌詞に出てくるものでは,「釜山港へ帰れ」にもあるような気がしますが,個人的には愛田健二の「琵琶湖の少女」が好きですね。都はるみや小林幸子はまだしも,愛田健二が思い浮かぶとは,いやはや…。恐らく知っている人は少ないでしょうね。

それよりも,椿の花は演歌が似合うのでしょうか?私よりも若い世代で,椿を歌った歌はないのでしょうか?もしあったら,知りたいものです。

 

12月6日(土)午後2時より,インターンシップ報告会がありました。

 

nagatomo0304.jpg

 

これは,本学の社会福祉学部が,平成24年度より文部科学省の大学改革推進等補助金の交付を受け,〔産業界のニーズに対応した教育改革充実体制整備事業〕として実施しているものです。9つの事業所(施設)でインターンシップを行った13人の学生が,事業所の紹介,志望動機,実施内容,感想・評価・考察,そして体験から得た課題や今後の目標を発表してくれました。聞いていて,学生たちが真摯に取り組み,何かを掴もうとしている態度が伝わってきました。ほとんどに共通しているのが,「コミュニケーション能力」ということでした。今後の学生生活やその後の日常生活の中で,如何に体得していくかがカギだと認識しているようでした。

この報告会は,学部の1年生から3年生までを対象として実施されました。土曜日の午後にもかかわらず,多くの学生が熱心に準備された冊子とスクリーンを見ながらメモを取っていました。発表後,質疑が行われました。(早く終わりたいという気持ちから,質問など出ないのではないかと考えたのは杞憂で)7人(男子4人・女子3人)の学生が発表を聞いての質問をしていました。

そして,特筆すべき点は,今回インターンシップを受け入れていただいた事業所,プログラム協力事業所の方のみならず,今回は希望者がいなかったけれども受け入れ可能な事業所の方までおいでいただき,労いの言葉や,辛口の感想・講評をいただきました。教える立場の者として,学生たちが述べた「コミュニケーション能力」を教育の現場でどのように習得させていくか,改めて考えさせられました。

このように本学は(学生たちは)地域の事象所の方々の温かいご支援と協力を受けて,勤労観・職業観の育成に努力しております。本当にありがとうございました。

 

今週末の13日(土)は,延岡年末恒例のベートーヴェンの交響曲「第九」の演奏会です。残念ながら,今年は合唱団に九保大の学生はいないということですが,まだ聞いたことのない方にはぜひ一聴をお薦めします。「無人島に持って行くこの1冊」とか,「最後に食べるならこれ」とか究極的なものについてのインタビューや随筆がありますが,「最後に聴くこの1曲」というテーマならば,私はやはり「第九」を選びます。これまでの人生の中で,もう立ち直れないと打ちのめされた時や悲しい時,そばにベートーヴェンの音楽がありました。彼は師であり,恩人です。(神格化しているかもしれません…)。仕事が一段落したら,絶対にやりたいと思っていた事は,恩人の墓参りでした。そして,ついに昨年8月,その夢を実現しました。ウィーンの中央墓地にある彼のお墓です。 

 

nagatomo0305.jpg

 

墓前に立って後悔しました。「墓前に供えるもの,霧島か千徳かを持ってくればよかった」〔まさにボーゼンとしました〕。幸い,日本から持ってきていた未開封のお茶がありました。「綾鷹」です。これを供えて,日本からやってきたこと,感謝の気持ちを述べました。「遠いところ,よくやってきたな。自分の作品が150年も後の,遠い島国の人間にまで影響を及ぼしているとは,ワシも嬉しいよ」という声が聞こえたような気がしました。

私の後に,彼のお墓に行って「綾鷹」を見て,怪訝に思った日本人観光客の皆さんへ。あの「綾鷹」の犯人は,私です。以上の経緯があるのです。びっくりさせてごめんなさい。

 

臨床福祉学科 長友道彦

介護コースの風景~その五~

2014年11月27日

お久しぶりです。介護コースの清水です。

 寒くなってきましたが、体調を崩していませんか?

 

今日の風景は3年生です。

 来週、中学生への福祉体験授業を学生が実施することになりました。

 写真はその予行演習の模様です。

 人に何かを伝えることは難しいことですが、中学生が分かるように言葉を選んでいます。

 

予行演習では笑いもあり、本番も楽しい授業になりそうです。

 

shimizu0501.jpg

 

いままで培った知識と経験を活かした授業になることを期待しています。

地域住民との協働

2014年10月20日

 

臨床福祉学科 山﨑きよ子

 今、我が国では認知症のお年よりが行方不明になり、何年も家族と会えなかったり、また死亡して見つかることが多くなって、社会問題化しています。この問題は、行政だけの責任でもなく、また家族だけの責任でもありません。地域がこの問題に他人事ではなく自分の身近な問題ととらえ、出来る限り協力していくことが求められます。

 このブログでも取り上げてきましたが、学生と住民のみなさん、そして地域包括支援センターという福祉専門職センター職員合同の勉強会や机上訓練などを経て、9月26日いよいよ、認知症徘徊声掛け保護訓練を実施しました。

 地域の公民館に集まったのは地域住民、学生、地域包括支援センター職員、行政職員、社会福祉協議会職員のみなさんでした。また、地元新聞、ケーブルテレビのスタッフも取材してくれました。

 専門職のみなさんと地域住民から選ばれた、女優(?)俳優(?)6名が徘徊者になり、6チームが探しに行きました。学生は探す道すがら、獣道や、側溝等の危険個所を点検し、スマートフォンで写真に撮り、公民館のパソコンにその都度送ってきました。学生の一人は送られてきた画像を整理していく作業をしました。

 

 

yamasaki0401.jpg

出会いがしらに車とぶつかりそうな路地

 

yamasaki0402.jpg

急な坂道

 

 

yamasaki0403.jpg

無事に見つかった模擬の徘徊者の方々は住民のみなさんの声かけにより上手に公民館に誘導されて帰ってきました。

そのあとは、住民同士で話し合いが行われ、学生はそれぞれの班に配属され、住民の意見をカードにまとめていきました。

最後に意見を模造紙に張り付け学生からまとめの発表を行いました。また危険個所、徘徊者を見つけた時の動画を映写して確認していきました。

今回の訓練は地域住民の地域を守りたいと言う意識の高さを引き出したと同時に、IT技術に長けた学生が役立つものとなりました。

いろいろな世代の強みを発揮できたよい訓練だったと思います。

4月から長期計画を立て、ここまでの準備を率いて下さった南方地域包括支援センターのみなさん、ご苦労様でした。

介護コースの風景~その四~

2014年10月 7日

こんにちは、介護コースの清水です。

 夏期休暇が終わり先週から大学にも活気が戻ってきました。

 

学生もクラスメイトに会えてどことなく嬉しそうに見えます。


 さて、介護コースでは4年生が社会福祉士国家試験の対策で毎日勉強を頑張っています。そんな中、4年生が試験日までの日めくりカレンダーを作成していました。

 介護コース4年生全員の顔写真がカウントダウンに花を添えています。

 

この日めくりカレンダーは、日替わりで先生方からのありがたいメッセージやクラスメイトからのメッセージが書かれており、試験日までの110日を乗り切る原動力となることでしょう。

 

写真は、完成した日めくりカレンダーと一緒に記念撮影。

 受験者全員が試験突破できますように。

 

 

shimizu0401.jpg

 

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8