卒業生からのメッセージ

2014年3月11日

先日、卒業生と連絡を取る機会がありました。

彼は、大学時代「高校の先生になって甲子園を目指したい」と、

野球部主将として活躍しつつ、保健体育の教員免許を取得しました。

後輩に言葉をかけてくれ!とお願いしたら、さっそく以下のメールが来ました。

「平成25年4月より、県立高校で寮監・非常勤講師として勤務しています。勤務内容は、寮生の生活指導や施設管理などで、講師として2クラス保健の授業も行っています。生徒と共に生活することで気付かされる事も多く、自分自身成長させてもらっています。部活動ではコーチとして野球部を指導しています。部員は二学年で50人と多く、ノックを打つのも一苦労です(笑)。4月には一年生が加わるので更に多くなりますが、高校生のパワーに負けないように頑張っていきたいと思います。
現在、県立高校の体育教員の採用状況は約150人が受験して5人程度の採用(都道府県によって違いはありますが)と、とても厳しいのが現状です。しかし、自分の夢を叶えるために、これからも大学で学んだことや、今の仕事の経験を生かして、できる限り早く合格できるよう努力していきたいと思っています。
後輩の皆さんも、夢に向かって頑張って下さい」

 

NEC_0434 (1).JPG

教員採用試験を突破するのは険しい道のりですが、夢を叶えられるよう頑張ってほしいです。

こぼれ話!
彼は、学生時代野球部の主将でした。

4年生の秋、野球部を引退した後

サッカー好きであったこと、

体育教員を目指していること等の理由から

サッカー部に入部し、九州大学サッカーリーグにまで出場しました。

プレー自体は、若干ぎこちなさを感じましたが、運動神経の良さと仲間の助けもあって無難に

こなしていました。

ただ、仲間がゴールキーパーまでかわしてパスをくれましたが、彼のヘディングは見事無人の

ゴールマウスを捉えることができませんでした。残念!

<< 前へ>> 次へ