2016年11月11日

互いの熱さを感じながら・・・

2016年11月11日

すっかり気温が下がり、冬の足音が近づいてまいりました。

いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、

スポ科鍼灸コースの学生は、

2年生から実技が始まるわけですが

後期から学生同士、お互いに鍼や灸を行う実習がスタートします。

 

最近行われた灸実技の実習では、お互いの足のツボにお灸をしました。

 

灸実技 2年11月-2.JPG
足三里と呼ばれるツボに、モグサを直接置いて、お灸をします。
当然、学生は初めての体験です。
熱いのでどうすれば、熱の感じ方が軟らかくなるのか、嫌な熱さにならないか、を

ペアの学生に感想を聞きながら学んでいきます。

 

灸実技 2年11月-3.JPG

男子学生のすねの毛がお灸の邪魔をしています。
上手にするのには、テクニックがいりますね。
灸実技 2年11月-4.JPG

灸実技 2年11月-5.JPG
教員が回っていますので

時折、手の動きやお灸の形など指導を受けながら実習を続けていきます。

 

灸実技 2年11月-1.JPG

お灸を受ける学生からも、緊張感が伝わりますね。

とにかく、練習して慣れることが重要です。

みんな頑張って、お灸が得意になろーーーー‼

担当:冨田