2017年7月 8日

地元中学校のスポ科体験 ~その2~

2017年7月 8日

昨日(7/7)にも地元中学校の来学がありました.

今回のスポ科体験では,「アスレティックトレーナー」&「はり・きゅう」に関する内容を体験してもらいました.

場所はアスレティックトレーニングルームです.

まずは,アスレティックトレーナーについて神田先生から説明をうけました.

DSC06069.JPG DSC06134.JPG
この部屋にはいろいろな測定機器があります.実例を上げながらアスレティックトレーナーの仕事についての話を聞いてもらいました.


そのあと実際に指をかざすだけで測れる計器を用いて「ヘモグロビン量」を測ってもらいました.
DSC06076.JPG DSC06081.JPG
「ヘモグロビン」は体内で酸素を運ぶ役割をしています.測定の値が低いと身体活動がままなりません.
このように身体の中の状態を知って,コンディショニングを整えることもアスレティックトレーナーとしては必要なことなのです.授業ではこのように実際に測定して学びます.それを少しだけ体験してもらいました.


つづいて,「はり・きゅう」について冨田先生から説明を受けました.
DSC06177.JPG

 

ウレンタン素材にさした鍼を見て,その細さにみんなびっくりです.

DSC06090.JPG DSC06155.JPG

実際に鍼をうつ様子を見てもらいました.みんな興味津津です.

DSC06192.JPG

鍼は髪の毛より細くほとんど痛みを感じないなどの説明を受けとても驚いていました.

 

スポーツ健康福祉学科では様々な資格を目指せます.その資格についてどのような勉強をしているのか知ってもらう機会になったと思います.

 

7月22-23日,8月27日にはオープンキャンパスが開催されます.

オープンキャンパスでも体験できたり,資格について知ってもらえる内容をご用意しています.

ぜひスポーツ健康福祉学科を見に来て下さい.お待ちしています!

 

 

松田