はり・きゅう

はり師きゅう師 国家試験目前

2021年2月26日

2月28日(日)は

はり師きゅう師の国家試験です。


これに合格しないと、鍼灸師になることはできません。


昨日、対策講義をしましたが

ある学生さんの問題集がすごかったです。

 

2021国家試験2.jpg

 

付箋にイラストや書き込みがみっしりされていました。

他のページも書き込みや付箋がいっぱいで
横から見るとこんなことに・・・

 


2021国家試験1.jpg

 

問題集の厚さが2倍に・・・!

この努力が実を結ぶことを祈ります。


受験生みんなが全力を尽くせますように。

頑張れーーーーー!!

スポ科 冨田


=================================

 

九州保健福祉大学では

オンライン相談会を実施しております。

九保大をもっと知りたい方

大学生活について疑問・質問のある方

入試について色々と知りたい方

学科教員や入試担当者がオンラインでお答えします!

興味のある方はこちらをクリック↓↓↓

 

オンライン相談会.JPG

さあ、モグサをつくろう!

2020年12月18日

寒い日が続きますね。

皆さん風邪などひかれていませんか?

 

さて、以前申し上げました艾つくりの写真をUPしたいと思います。

 

実習は、寒くなる前の11月に行いました。

 

お灸はヨモギの線維成分を集めたモグサを燃やして熱刺激を与えます。

講義で作り方などは、学ぶのですが、

自分で作ってみたほうが面白いということで、

毎年1年生の時に、艾つくりを行います。

まずは、どこのご家庭にもあるすり鉢・すりこ木・ざるを使った作成方法です。

 

もぐさ作り1.jpg

 

 

もぐさ作り3.jpg

 

 

もぐさ作り2.jpg

 

とにかく、すりこ木で乾燥したヨモギの葉を粉砕して

線維から葉と茎を取り除きます。

今年はこの、3枚目の武田くんと中田くんのグループが上手に艾を作っていました。

ここまででしたら、

他の専門学校でもやってますが、

うちの大学は別のやり方も実践しています。

 

もぐさ作り6.jpg
工場で作るように石臼でも作ります。

モグサ作り用の石臼です。

艾工場の石臼は70cmくらいあるそうですが

ここで使ってるのはその半分のサイズです。

すり鉢より葉が細かく粉砕されるので

ふわふわのモグサができます。

もぐさ作り7.jpg
使用するヨモギは

薬学科の先生に協力いただき、漢方薬で使用するものを手に入れていただきました(国産!)。

もぐさ作り4.jpg
きめが細かいものですから

粉状のヨモギの葉が大量に出ます。

室内での作業は無理ですので、屋外でふるいにかけます。

もぐさ作り5.jpg
ソーシャルなディスタンス?

モグサを作るのは結構大変なことだと、わかってもらえたのではないでしょうか?

これを機に、

お灸をするときは、モグサを大切に使ってほしいものです。

スポ科 冨田

======================================

進学を考えていらっしゃる高校生の皆さんへ

スポーツ健康福祉学科では

学校教員、社会福祉士、はり師・きゅう師、健康運動指導士、スポーツトレーナーなど

様々な資格取得が可能になっています。

本年度は入学検定料が免除となっています。

 

本学への入学を考えていらっしゃる皆さん

入試情報はこちらから→→→https://www.phoenix.ac.jp/entrance

皆さんの夢がカタチになることを、応援します‼

======================================


 

艾つくりの季節がやってきた

2020年12月 1日

空気が乾燥してきました。

気温も下がり、冬らしくなってきました。

空気が乾燥してきたころに、毎年行う実習があります。

「もぐさ作り」

です。

 

毎年、1年生の実技で行っています。

いつもは、1回の実習で終えるのですが、

今年はコロナのこともあり、室内と室外に学生を分けて行いました。

で、どうやってもぐさを作るかといいますと

実は意外に簡単にできます。興味を持った人はやってみてください。

①よく乾燥させたヨモギをすりこぎとすり鉢ででつぶします。

 

もぐさ作り 2.jpg

 

ヨモギの葉の線維を集めたいので、

よーーーーーくつぶします。

 

②つぶしたヨモギをふるいにかけます。

 

もぐさ作り 1.jpg

 

ヨモギの葉や茎は粉となって下に落ち

線維質の部分だけが残ります。

これを数度繰り返すと・・・

③完成です。

 

もぐさ作り 3.jpg

 

ざるの真ん中にあるモフモフしたのがヨモギです。

 

よーーーく乾燥させたヨモギを使うのが上手に作るコツです。

学生同士が近くになりやすいため、

充分に換気を行いながら、もぐさ作りを行います。

今年の学生さんは

上手に作れるでしょうか?

後日報告します。

 

スポ科 冨田

 

==========================

来年の進路を考えていらっしゃる高校生の皆さんへ

スポーツ健康福祉学科では

学校教員、社会福祉士、はり師・きゅう師、健康運動指導士、スポーツトレーナーなど

様々な資格取得が可能になっています。

現在、九州保健福祉大学では土日見学会を開催中です。

オープンキャンパスに参加できなかったけど詳しく話を聞いてみたい!
施設見学をしてみたい!大学でどんなことを学ぶのか知りたい!
どんな入試があるのか詳しく聞いてみたい!特待生制度について詳しく知りたい!

スポーツ健康福祉学科に興味をお持ちの皆さん、

どうぞ、土日見学会に参加してみてはいかがでしょうか?

詳細は、下記リンクよりご確認ください。

https://www.phoenix.ac.jp/2020_kengaku

はじめてのきゅう

2020年11月27日

ようやく気温も低くなり、冬の足音が聞こえるようになりました。

もう12月です。

 

さて、今回は「臨床灸実技Ⅱ」の内容をお知らせします。

この授業は、はり師きゅう師の資格取得を目指す学生が受けるもので、

特に「お灸」の基本を学びます。

今回は、初めて自分以外の人体にお灸をしました。

場所は足の裏にある、失眠、裏内庭というツボです。

 

20201124_142303-2.jpg

 

失眠は踵の中央にあり、不眠症、むくみなどに効果があります。

裏内庭は足の人差し指の付け根にあり、食べ過ぎ、食あたりの腹痛、下痢などに効果があります。

どちらも、足の裏で皮膚が厚く、

熱を感じにくいため、初心者の練習にもってこいの場所です。

緊張しながらお灸する学生たちを見守ってください。

 

20201124_140135-1.jpg

 

 

20201124_140211-2.jpg

 

 

20201124_140228-2.jpg

 

 

20201124_140404-2.jpg

 

 

20201124_142325-2.jpg

 

 

20201124_142339-2.jpg

 

 

20201124_142418-2.jpg

 

学生たちがしているお灸はとても小さいお灸で

足の裏なら、ほとんど熱く感じません。

 

20201124_142507-2.jpg

 

 

20201124_142510-2.jpg

 

上手に作ることができているようです。

他人にお灸をすることは初めての学生たちです。

その緊張感を忘れずに、学年を上がっていってほしいです。

 

さて、来週はもう少し熱く感じる所にやります。

よく練習しておくように・・・。

 

スポ科 冨田

==========================

来年の進路を考えていらっしゃる高校生の皆さんへ

スポーツ健康福祉学科では

学校教員、社会福祉士、はり師・きゅう師、健康運動指導士、スポーツトレーナーなど

様々な資格取得が可能になっています。

現在、九州保健福祉大学では土日見学会を開催中です。

オープンキャンパスに参加できなかったけど詳しく話を聞いてみたい!
施設見学をしてみたい!大学でどんなことを学ぶのか知りたい!
どんな入試があるのか詳しく聞いてみたい!特待生制度について詳しく知りたい!

スポーツ健康福祉学科に興味をお持ちの皆さん、

どうぞ、土日見学会に参加してみてはいかがでしょうか?

詳細は、下記リンクよりご確認ください。

https://www.phoenix.ac.jp/2020_kengaku

キャリア・サポート センターに行ってみよう

2020年10月19日

今日は日中も雨が降り、気温も低い一日でした。

今回は、キャリア・サポートセンターについてお話ししたいと思います。

就職相談や卒業後の進路について指導をしてくれたり

進路の相談をしてくれる部署です。

就職の際、必要な履歴書の書き方や面接練習など

就職活動に必要な様々なサポートをしてくれる部署です。

今日は、鍼灸コースの3年生を対象にミニ就職ガイダンスをしてもらいました。

 

キャリサポ 20201019-1.jpg

 

キャリアサポートセンターの清田さんに

基本的な求人票の見方を中心に

卒業後のキャリア形成についてレクチャーをしていただきました。

 

キャリサポ 20201019-2.jpg

 

仕事をする・働くとはどういいうことか?

どのように求人票を活用したらよいか?

基本給とは?賞与とは?

本当にごくごく基本的な内容ですが、

講義でこういった内容を聞く機会は少ないので

初めて聞く話も多かったと思います。

 

キャリサポ 20201019-3.jpg

 

参加した学生のコメントを紹介したいと思います。

「今回の話を聞いて、自分が考えていることはまだまだ大まかなことだけなんだと感じた。自分が何をしたいか、まずは自分のことを知ることが大切だと思った。自分を知ったうえで就職先に自分が合うか、どのような仕事ができるかなど少しずつ考えていきたいと思った。」

 

「今回の話を聞いて、自分には就職の話はまだまだだ先と思っていたが、もうすぐ就職活動を始めないければならないと実感した。求人票の見方など教えていただいたので、たまにキャリアサポートセンターに来てみようと思った。しっかりと自分がやりたいことと合う就職先を見つけられるよう、探していこうと思った。」

 

「3年生になり、遠いようで近い就職活動の1歩を踏み出した印象です。今回は特に求人票の見方などを教えていただいた。これからまた、就職に向けての行動や考えを意識していこうと思った。」

 

「今回の話を聞いて、心に残ったのは“心や体を壊さないで働ける職場選びをしよう”というです。自分の心や体を壊してしまっては、患者の身体を治す立場の鍼灸師になることができないと思う。自分に合った職場選びをしたいと思った。」

 

きょう参加してくれた学生の皆さんが

自分自身のキャリアを明確に描くことで、大学生活をどのように送るべきか

考える機会になればいいと思います。

またそれが、資格取得のモチベーションにつながればうれしいです。

今回のようなガイダンスは個別やゼミ単位でも対応してもらえるので、

学生の皆さんは、キャリアサポートセンターをぜひ活用してみてください。

 

スポ科 冨田

 

 

初めてのハリ!

2020年10月15日

日中は気温が高いときもありますが

すっかり秋ですね。

さて、鍼灸健康福祉コースの学生たちは

後期に入り、人体へのハリを行っています。

前期中は、シリコンでできた練習台にハリをする練習が中心でした。

後期はついに、人体にやってみます。

まずは自分の身体にやってみます。

 

2年ハリ20201015-1.jpg
2年ハリ20201015-2.jpg
2年ハリ20201015-3.jpg

 

2年ハリ20201015-5.jpg

 

最初は、足の筋肉が豊富なところにします。

太い血管も少なく、安全にハリができます。

切皮といってハリが皮膚に入る瞬間、痛みが生じないよう注意深く操作します。

ハリが皮膚を突破したら、慎重にハリを進めていきます。

教員が指示する角度、深さで鍼を行えるようトレーニングします。

 

さて、自分にハリができました。

今度は学生同士でハリをやってみます。

緊張の瞬間ですね。

 

2年ハリ20201015-6.jpg

 

 

2年ハリ20201015-7.jpg

 

 

2年ハリ20201015-8.jpg

 

今日は手のツボを使って、お互いにハリをしました。

まだまだ、はり治療とは言えず、

まずは安全にハリができることを目標に実習を続け、

スムーズでいたくない鍼ができることを目指して

ぜひ頑張ってもらいたいです。

学生はすごく緊張したと思いますが、

実習でしっかり練習して

技術を身につけていってください。

 

スポ科 冨田、中野

2020 後期 講義開始!!

2020年9月25日

9月も終わりに近づき、過ごしやすくなりました。

夜と日中の気温差で、体調を崩されていませんか?

 

さて、本日より後期の講義が開始となりました。

スポ科も色々な講義が始まったところです。

鍼灸健康福祉コースの4年生は、本日、はりきゅう治療所の臨床実習が始まりました。

実際に外来に来られた患者さんに対し

学生が、資格を持った教員指導のもと問診や検査、はり・きゅう施術の実習を行います。

ただし、コロナ対策のため

患者さんの予約を減らしての実施となっています。

学生も、手指消毒、マスクの着用ははもちろんのこと、

フェイスシールドを使用して感染対策を行って、取り組んでいます。

 

20200925-1.png

 

 

20200925-2.png

 

コロナ以前と同じようにはできませんが

可能な限り、それに近い教育が可能となるよう、取り組んでいきたいと思います。

 

また、4年生は、あと半年で卒業です。

はり師きゅう師の国家試験受験も控えていますので

頑張っていきましょう!!

 

スポ科 冨田

来年は通常通りできるといいなあ...オープンキャンパス

2020年9月15日

すっかり、秋の空気になりました。

朝夕過ごしやすい気温になりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 

今年の夏は、新型コロナの影響で様々なイベントが中止になりました。

そんな中、7/19、8/23にオープンキャンパスが行われました。

日数も縮小し、完全に事前予約制で行われ

感染症対策をしっかり準備して開催しました。

 

本学は宮崎県内で唯一、はり師きゅう師の国家資格取得を目指すことができる大学です。

高校生の多くは、

はり治療・きゅう治療の経験がありません。

当然、はりやきゅうを見たこともなければ、触れたこともありません。

そこで、オープンキャンパスでは

鍼灸師が使用する「はり(漢字では鍼)」や「きゅう(漢字では灸)」に触れてもらう体験ブースを開いています。

折角、来ていただいた来場者の皆さんに安心して参加していただけるように注意しながら行いました。

今年は、手伝ってくれた学生もマスクとフェイスシールドを着用して

対応してもらいました。

はりやきゅうに安全に触れてもらうため、一時的に近づく必要があるからです。

学生も暑かったろうと思います。協力に感謝です。

2020オープンキャンパス はりきゅう.jpg

2020オープンキャンパス はりきゅう2.jpg

 

はりはとても細く、「これが身体に入るのか?」と驚かれることと思います。

きゅうは植物のヨモギから作られるふわっふわっのモグサから形を作るのですが、これが難しいのです。

実演をみせる学生は、上手にはりやきゅうを扱いますので、どうぞ見てください。

 

来年の夏は、社会情勢がどうなっているかわかりませんが

いつも通りのオープンキャンパスができることを願っています。

その時は、どうぞ、はりやきゅうに触りに来てください。

スポ科 冨田

 

 

継続は力なり (お灸の練習)

2020年8月 7日

前期の講義も残すところ、あと1~2回となりました。

鍼灸健康福祉コースの2年生は前期から本格的に鍼や灸の練習が始まります。

さて、お灸は手で作る小さなお灸を練習すると、以前のブログでも申し上げました。

そして、お灸の道具以外に練習に使うのがこれです。

 

20200807-ただの紙.jpg

 

薄い紙です。コピー用紙よりまだ薄い紙で、マス目を印刷してあります。

この紙に、手で作ったお灸をしていきます。

 

20200807-灸点火.jpg

 

紙に少し水を付けて、お灸を紙の上にします。

 

20200807-灸痕.jpg

 

真ん中に茶色く残っているのがお灸の痕です。

小さく、柔らかく作ったお灸は紙が燃えませんので、焦げついたり、穴が開いたりしません。

この紙を使って、小さくて柔らかいお灸が速く作れるように練習するのです。

毎週、毎週、複数枚を宿題として渡し、家で練習してもらいます。

次の実技の時間に教員がチェックします。

 

ある学生さんの練習用の紙を見てみましょう。

 

【7月】初めて紙にお灸をしました。

 

20200807_灸痕1.jpg

 

痕が大きいし、黒く焦げています。

 

20200807_灸痕1-1.jpg

 

一部には大きな穴が・・・まだ上手くお灸を作ることができていません。

すごく熱い灸で、人にはまだ出来そうもありません。もっと練習が必要です。

 

【7月中旬】紙にお灸を始めて、2週間が経過しました。

 

20200807_灸痕2.jpg

 

最初の紙と比べると、焦げはまだありますが、紙に穴が開かなくなってきました。

 

 

20200807_灸痕2-1.jpg

 

お灸の痕は焦げてはいますが、穴が開かなくなってきました。

少しずつ、お灸が小さくなり、軟らかく作ることができている証拠です。

 

【8月初旬】1カ月練習を続けた。そして現在も練習中・・・

 

20200807_灸痕3.jpg

 

まだ、少し焦げの強いところや、大きい痕が残ったところはありますが、穴は無くなりました。

 

20200807_灸痕3-1.jpg

 

お灸の温度が低くなって、黒い焦げた痕から茶色い焦げ痕に変化してきました。

練習の成果が表れていることがわかります。

 

現在、新型コロナの影響で今まで行ってきた実技にはいろいろな制限が生じています。

しかし、このような地道な練習は自宅でもできます。

3年生や4年生も、毎週紙のお灸を宿題として出されています。

たとえ、今は人の身体にお灸はできていなくとも、お灸の腕は上がっていると思います。

国家試験に合格し、晴れて鍼灸師となったら、この練習の成果として

上手なお灸を患者さんにして差し上げてほしいです。

 

スポ科 冨田

2年生 お灸の実技

2020年7月28日

鍼灸健康福祉コースでは

2年生の前期から本格的にお灸の練習をします。

特に、手でお灸をもむ「透熱灸」は日本のお灸の基本です。

また、学生さんたちはこれまでお灸に触ったこともない人が多いので

まずはしっかり練習してもらいます。

で、本日はこれ。

 

20200728-1.JPG

 

温度センサー。

自分が作ったお灸が何度くらいの温度なのか自分で確認しながら練習します。

米粒大のお灸がだいたい90度程度

半米粒大のお灸がだいたい60度程度で作ることができるよう練習します。

 

20200728-7.JPG

 

センサー上にお灸を置いて、点火して燃焼温度を測定します。

 

20200728-4.JPG

毎年、この温度センサーを使って実技試験を行っています。
学生さんたちも真剣に自分の作ったお灸の温度を確認しています。

 

 

20200728-3.JPG

 

 

20200728-5.JPG

 

 

20200728-9.JPG

20200728-8.JPG
20200728-2.JPG
温度センサーが終わったら、
薄い紙の上にお灸を練習します。
熱いお灸で穴をあけないように、かつ、スピーディーにできるよう繰り返し練習します。
20200728-6.JPG

 

20200728-11.JPG

 

この紙上施灸は宿題として自宅でも練習します。

練習するのにはわけがあって

後期からは、自分の身体にお灸をする実習が始まります。

あんまり自分のお灸が熱いと、お灸嫌いになってしまいますので

今のうちに、しっかりと練習してもらいます。

(当然、夏休みに宿題も出しますよ。)

 

手先が器用な学生、不器用な学生、色々いますが

コツコツ練習すると、必ずできるようになります。

「手先が不器用だから・・・私には向いてない」

と考えられる人もいるかもしれませんが、

基本的なところから指導しますので大丈夫です。

 

2年生は、もう少しすると実技テストです。

頑張れーー!

 

スポ科冨田

 

======================================

はり師・きゅう師やトレーナーに興味がある人は

8月23日(日)にオープンキャンパスが開催されます。

宮崎県内では鍼灸師の国家試験取得を目指せる唯一の大学です。

はりやお灸に触れるブースも開いていますので、皆様のご来場をお待ちしております。

【九州保健福祉大学 オープンキャンパスwebページ】

https://www.phoenix.ac.jp/open_campus/index.html

 

 

1 / 2 / 3 / 4 / 5