研究組織

QOL研究機構は、「社会福祉学研究所」「保健科学研究所」「薬学研究所」の3研究所を統括し、有機的に機能させるために3つの研究所を同一施設内に設置している。

組織的には、研究活動と研究機構の運営の両面をマネージメントする機構長(学長)と、各研究所を統括する所長を配置し、合わせて研究事務部門をおく計画である。

また、研究機構の円滑な運営と各研究所の連携を図るため、「運営委員会」を設置し、研究機構全体の施策・運営を決定する役割を果たすとともに、「文部科学省における研究及び開発に関する評価指針」(平成14年6月20日)に従い、研究開発に対する評価ルールを策定し、各研究プロジェクトにおける評価を厳密に行い、研究成果とその評価を同時に公表していく責任を果たす。

但し、研究過程における理論上の問題は重要な課題でもあることから、各研究所の情報開示にあたっては、研究機構が本学倫理委員会とも協議しながら内容の検討にあたる。

QOL研究機構運営委員会(平成19年度)

九州保健福祉大学 機構長・学長 南嶋 洋一
  副学長 高山 巌
  副学長 山本 郁男
  副学長 加計 勇樹
  社会福祉研究所長・社会福祉学部長 三宅 邦建
  保健科学研究所長・保健科学部長 福本 安甫(P2リーダー)
  薬学研究所長・薬学部長 山本 隆一(P3リーダー)
  大学院(通信制)
社会福祉学研究科長
山口 洋史
  大学事務局長 秋田 恒雄
 QOL研究機構事務局担当
 大学事務局
 社会福祉学研究所 事務担当
 保健科学研究所 事務担当
 薬学研究所 事務担当
 社会福祉学研究所保健科学研究所 薬学研究所