研究目的と意義

世界保健機構(以下「WHO」)は、健康に関する国際的共通概念を提唱し、それに基づいて2001年5月にそれまでの「WHO国際障害分類(ICIDH)」に代わる「国際生活機能分類 ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health)」を策定した。

ICFは、人間の生活機能と障害に関して、アルファベットと数字を組み合わせた方式で分類するものであり、人間の生活機能と障害について「心身機能・身体構造」「活動」「参加」の3つの次元及び、それらの次元に影響すを及ぼす「環境因子」等で構成されており、約1,500項目に分類されている。

この分類法によって、身体・精神的機能障害により社会的不利を分類する考え方が中心であった従来の観点に対して、「生活機能」「環境因子」等に基づく肯定的・否定的な側面を打ち出し、人の健康に関するすべての側面を分類することで、健康状況と健康関連状況、結果、決定因子を理解し、研究するための科学的な基礎が提供されることになった。

このICFを活用することによって、障害や疾病を持った人やその家族、保健・医療・福祉等の幅広い分野の従事者が、相互に障害や疾病の状態についての共通理解をもつこと、障害者に向けたサービスを提供する施設や機関などで行われるサービスの計画や評価、記録などの実際的な方法の提供、障害者に関する様々な調査や統計について、比較検討する標準的な枠組みの提供などが可能となる。

しかし、具体的な活用のあり方については、現在WHOにおいても検討が進められている段階であり、研究事業を通して、効果的な活用方策を検討することが強く求められている。

本学「クオリティ・オブ・ライフ研究機構」の各研究プロジェクトは、このような視点に基づき、人の健康に関する全ての側面を研究対象とし、地域社会の「生活の質 QOL(Quality of Life)」の向上に資する研究を重点的に行い、研究成果に基づく、具体的な活用方策を提案することによって、「地域」からわが国全体のQOL向上に貢献することを目的とする。
 社会福祉学研究所保健科学研究所 薬学研究所