スポーツ健康福祉コース

 

コースの特徴

こんなことを勉強します

基礎科目

1年次を中心に「QOL概論」や「人間の尊厳」、「社会福祉の基礎」といった社会福祉学部の必修科目を学びます。また、英語や情報処理、心理学や経済学、キャリア関連の科目などを選択履修し、社会人基礎力の土台を養っておくのも大学ならではの学びです。ボランティア活動も単位認定されるため、取り組む学生は少なくありません。

専門教育科目

1年次の基礎から2年次の発展、3年次の応用、4年次の実践へ、段階的に学習していくことで、専門的な知識と技術が着実に身についていきます。スポーツ系の医学や実習、トレーニングやコーチング、アスレティックトレーナーに関する選択科目も数多く、教職課程もあわせて履修すれば、健康と福祉の幅広い知識を持ったスポーツ指導者や中高の保健体育教員が目指せます。

01
03
04

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら