平田 優衣

悩める人を救うため、寄り添う

公認心理師 社会福祉士

臨床心理学部 臨床心理学科/心理・福祉コース 3年
宮崎南高等学校(宮崎県)出身
平田 優衣

県内で唯一、臨床心理学部を備えた
九保大は、快適に学べる素晴らしい環境

 人の心理状態やその仕組みなどを学ぶ心理学。高齢者や生活困窮者の方々への支援を行う福祉。以前からその両方に興味を持っていました。九保大を希望したのは、宮崎県内で唯一、臨床心理学部があることと、公認心理士や社会福祉士などの国家資格取得の授業が充実していることからです。私が学んでいる心理・福祉コースでは、心理学を学ぶ中で身につけた実践的な知識や技術を、臨床心理や社会福祉の分野で生かすことができるという大きなメリットがあります。

 学内は新しく清潔で、先生のサポートは手厚く、授業はとてもていねいです。周囲には豊かな自然が広がっています。九保大は快適に学ぶための素晴らしい環境といえるのではないでしょうか。

平田 優衣 生きることの根幹に携わる、言語聴覚士という素晴らしい仕事

日々の勉強をしっかりこなしながら、
ボランティアで自分磨きを

 現在は心理学や社会福祉の基礎科目、実習科目を段階的に学修しながら、カウンセリングの技術や援助職としての専門性、ソーシャルワーカーの実践力などを学んでいます。

 授業の予習や復習は必ず行っていますが、特に、その日の授業で理解できなかったところはそのままにせず、その日のうちに理解できるまで復習することは欠かせません。

 また、授業の際に特に重要なところや国家試験に出やすいポイントなどを先生が指摘されることが多いので、授業中は気を抜かず、しっかり聞いてノートに書き留めることも習慣に。テスト期間は大学の図書館を利用して集中的に勉強しています。

 福祉の現状を知り、いろいろな人と接することで自分自身の大きな成長の糧になる、そんな思いでボランティアにも積極的に参加しています。

 相談内容に応じて物事を的確に判断する力、常に客観的に捉える視点、相談者の方の話にしっかりと耳を傾ける傾聴力、そして相談者の方をサポートしながら共に考える共感力。福祉の世界で活躍するためには、知識や技術とともに身につけなればならないことが多くあります。

福祉の業務に幅広く携わり、
利用者の方の自立支援に向けたサポートを

平田 優衣 利用者の自立支援に向けたサポートを

 将来は2つの職種のどちらかを希望しています。一つは社会福祉士。日常生活に何らかの問題を抱える方に対して社会福祉支援を行うソーシャルワーカーとして、行政機関で働くことができればと考えています。そしてもう一つは公認心理士。心の悩みを持つ方の支援を行う心理カウンセラーを視野に、利用者の方の不安やストレスを解消するための力になりたいです。具体的には、福祉の業務に幅広く携わることができる福祉事務所で、さまざまな制度やサービスを通じて利用者の方の自立に向けた支援を行いたいと思っています。

 心の問題というデリケートなテーマに立ち向かうには、専門的な知識はもちろん、苦しんでいらっしゃる方に寄り添う人間性も欠かせません。4年間でどちらもしっかり身につけて、多くの方のよりよい暮らしをお手伝いできるスペシャリストになれるよう頑張ります。