岩井 陸鷹

動物実験の技術で担う医療

実験動物1級技術者

薬学部 動物生命薬科学科 4年
沖学園高等学校(福岡県)出身
岩井 陸鷹

実験動物の存在を知ってもらい、
代替法の提案ができる人材に

 動物に関わる仕事を模索する中、九保大で実験動物技術者という職種があることを知りました。実験動物技術者とは、医薬品の開発などさまざまな目的で行う動物実験の知識や技術を備えたプロフェッショナル。「動物実験」という言葉にはネガティブなイメージもありますが、それゆえ成り立っている人々の健康があります。とはいえ、どちらかというと私は、動物実験を行う側ではなく、一般の方に実験動物の存在を知ってもらうことや、実験動物を用いなくてもできる代替法の提案ができる人材になりたいと考えています。

 高校までは決して勉強が得意な方ではなかったのですが、九保大で学ぶようになってから学修に関して悩むことがかなり少なくなりました。先生方がとても親切で、いつでも気軽に質問や相談ができ、日々の学びの理解を深めることができます。

岩井 陸鷹 実験動物の存在を知ってもらい、代替法の提案ができる人材に

座学とともに、実習によって
身につく技術や、動物への愛情

 解剖学や生理学などの基本から病理学や微生物学、そして動物実験の意義や目的、動物愛護に対する考え方など、専門的な学修は多岐にわたります。

 最も好きな科目は生理学です。体を維持するためのメカニズムや、細胞レベルでの細かい生命の仕組みなど、知るほどに驚くことばかりです。

 座学だけではなく、動物を用いた実習を幅広く行えるところも九保大のメリット。これまでの実習の中でも、特に犬やマウスへの薬の投与は印象的でした。経口投与や静脈内投与などいろいろな方法がありますが、体の仕組みがそれぞれ異なる動物では、教わった通りに投与しているつもりでもなかなかスムーズにはいきません。何度も経験を重ねながらようやくうまく投与できた時の喜びはひとしおでした。

 このような実習によって、技術だけでなく動物との愛情を持った関わり方も身につけることができます。大学では実験動物の飼育も行っていますが、仲間たちも皆、自分たちのペットのように可愛がってお世話をしています。

動物への薬の開発や研究者を夢見て、
実験動物技術者の取得を目指す

岩井 陸鷹 動物への薬の開発や研究者を夢見て、実験動物技術者の取得を目指す

 私が学んでいる動物生命薬科学科では、主に実験動物技術者、愛玩動物看護師、学芸員の3つの資格取得を目指すことができます。どの資格を取るかによって選択できる仕事の内容は大きく変わりますが、私は今、実験動物1級技術者の取得を目指しています。手技が苦手なので、マウスに協力してもらいながら経口投与や採血をより重点的に練習しているところです。

 現時点では、将来に向けて自分に何ができるのか、まだ明確にイメージできていませんが、製薬会社などで他の動物のためになる薬の開発に携わることができればと思っています。動物の体内メカニズム、種差などをテーマにした研究者になる夢も描いています。