生命医科学部生命医科学科

がん撲滅のスペシャリスト

臨床検査技師・細胞検査士は、医療関連の幅広い分野で活躍が期待されています。

生命医科学部 生命医科学科 3つのポリシー

アドミッション・ポリシー

入学者受入れ方針について

本学部・学科は細胞検査士・臨床検査技師として、医学研究および医療現場で貢献する人材の養成を目的としています。したがって細胞検査士・臨床検査技師の資格取得には専門的な知識を修得することが必須となります。このことを理解し明確な目的意識と学習意欲をもつ学生に門戸を広く開放します。

求める人物像

  1. 細胞検査士・臨床検査技師の資格を取得し、病院や検査センターなど医療機関で活躍したい人
  2. 細胞検査士・臨床検査技師の資格を取得し、大学院進学など高度医療を支える研究者として活躍したい人

学んできてほしいこと

  • 高等学校卒業程度の学力を有していること
  • 生物・化学の基礎知識を有していること
  • 英語の基礎知識を有していること

カリキュラム・ポリシー

教育課程の編成・実施方針

細胞検査士・臨床検査技師に必要な基礎的な医学的知識を修得し、併せて臨床医学に関する知識を修得する。それらの知識を基に各種科目の実習と病院実習を経験し医療の現場で必要とされている事柄を学ぶ。4年次にはこれまでに培った知識と経験を踏まえ卒業研究を行うと同時に細胞検査士の資格取得と臨床検査技師の資格取得を目的にカリキュラムが構成されている。

ディプロマ・ポリシー

学位授与方針

  1. 生命医科学に関する基礎的な知識と技能を身につける。
  2. 臨床検査医学に関する知識と技能を身につける。
  3. 細胞診断学に関する知識と技能を身につける。同時に幅広い教養と豊かな人間性を身につけ、専門分野の諸問題を自ら解決することができる学生は修了が認定されると共に学位が授与される。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら

九州保健福祉大学 > 学部・大学院・別科 > 生命医科学部生命医科学科