生命医科学部生命医科学科

がん撲滅のスペシャリスト

臨床検査技師・細胞検査士は、医療関連の幅広い分野で活躍が期待されています。

3つのポリシー

I. 卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

生命医科学科(以下「本学科」)では、本学の過程を修め、124単位以上の単位修得と必修等の条件を充たし、インターナショナルでグローバルな視野に立った教養と生命医科学の専門性の高い知識および技術を修得し、医療専門職たる細胞検査士、臨床検査技師または生命医科学者として活躍できうる実践力を有し、下記の力を身に付けた人に対して学位を授与します。

  1. 自律的行動力
    細胞検査士、臨床検査技師または生命医科学者として、自らの目標を明確に掲げ、医療・科学をはじめとした諸問題を、主体的かつ自律的に取り組める。
  2. 人間力
    豊かな人間性を持つと共に、医療行政や地域社会の動向をふまえ、医療・科学に必要とされる倫理観を身につけ、社会や他者のために責任ある行動を取れる。
  3. 汎用的能力
    細胞検査士、臨床検査技師または生命医科学者として、ジェネリックスキル(汎用的能力)を駆使して、対象(例えば医療現場では患者やその家族など)がもつ背景や属性、価値観ほかの多様性を理解し、相手の立場を尊重できる。
  4. 問題解決能力
    細胞検査士、臨床検査技師または生命医科学者として、医療・科学現場における諸課題について、様々な問題を発見し、理解できる。その上で問題解決に必要な論理的・実践的知識を活用し、また、独創的創造力を背景として、適切な研究・実践方法を選択、計画し、行動することができる。アウトカムズアセスメントを検証できるスキルを汎用的に活用できる。
  5. コミュニケーション能力
    細胞検査士、臨床検査技師または生命医科学者として、円滑なコミュニケーション能力を用いて、相手の立場を尊重した人間関係を構築できる。
  6. プレゼンテーション能力
    細胞検査士、臨床検査技師または生命医科学者として、諸課題の本質を的確にとらえ、情報を収集・分析・考察した上で、それらを効果的にプレゼンテーションできる。
  7. 自己研鑽力
    細胞検査士資格認定試験・臨床検査技師国家試験を受験するに値する十分な学力を有し、生命科学者として必要とされる統合的な学習経験と高度な専門知識、学修成果を状況に応じ総合的に活用できる。加えて、医学・医療の現状を認識しつつ、生涯にわたり、自己研鑽を継続できる。
  8. チーム医療推進実践力
    細胞検査士、臨床検査技師として他職種(例えば医療従事者全般)の特性を理解し、連携・協働できる。

II. 教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)

本学科は、建学の理念および卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた目標を達成するために、次のような教育内容と方法を取り入れた授業を実施し、教育評価を行います。

1.教育内容
  1. 4年間を通した学修の基礎となる大学共通基礎教育においては、必修科目「QOL概論」、「人間の尊厳」を中心に総合教育、情報教育、外国語(英語)の3領域の履修を通して、現代社会における広範な問題の理解のための基本的視点・考え方を学び、汎用的技能を培います。さらに、本学科の学修の基礎となる学科基礎教育においては、必修科目「生命倫理学」、「基礎免疫学」、「分子生物学」、「情報科学概論」を中心に生命倫理、基礎医学、情報科学の3領域の履修を通して、生命医科学の基盤となる科目を学び、創造的思考力を培います。
  2. 英語教育ではアクティブラーニングを実践しながら、学生一人ひとりの習熟度を確認し、学生自身の学修進度にあった英語を活用したコミュニケーション能力の育成をはかります。
  3. 医療・生命科学の分野で求められる知識・技能の修得のための専門教育科目においては、必修科目「生命医科学概論Ⅰ・Ⅱ」、「医学概論」、「公衆衛生学」を中心に、1年次から3年次は専門知識または思考力、技術の基礎を固めることを通して、自身の将来の進路について目標を探る期間と位置づけ、4年次は専門知識、思考力、技術を深化させ応用力を修得しながら将来の進路目標を実現することを目指します。
  4. 癌の早期発見または早期診断を目的とした細胞診断学の分野で求められる知識・技能の修得のための専門教育科目においては、「臨床細胞学総論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」を1年次から3年次にかけて修学します。加えて、「細胞診断学特論Ⅰ・Ⅱ」、「臨床細胞学演習Ⅰ・Ⅱ」を通して、身体各部に発現する癌細胞だけでなく異型細胞や前癌病変を顕微鏡で鑑別できる知識と技能を、アクティブラーニングを実践しながら習得します。
  5. 医学または臨床検査学の分野で求められる知識・技能の修得のための専門教育科目においては、必修科目「病理学Ⅰ・Ⅱ」、「臨床生理学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」、「臨床免疫学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」、「臨床血液学Ⅰ・Ⅱ」、「臨床化学Ⅰ・Ⅱ」、「微生物学Ⅰ・Ⅱ」ほかを1年次から3年次にかけて専門性と順序性、合理性、効率性、生産性を考慮した上で修学します。加えて、即自的レリバンスを形成しながら、前述の各科目に関係する実習を通して、臨床検査の目的・方法・評価などが実践できる技能を習得します。「臨床実習」では実際の医療現場で臨床検査を体験します。4年次で開講される「臨床検査学演習Ⅰ・Ⅱ」では臨床検査技師国家試験取得を前提とした総合的な学習を実践します。
  6. 現代の細胞検査士、臨床検査技師または生命医科学者には日常業務への従事以外に、研究活動を遂行するスキルが求められます。4年次で開講される「生命医科学卒業研究Ⅰ・Ⅱ」では担当教員の指導の下、学生が自ら研究を計画し、それを遂行できるようになることを目的として、アクティブラーニングを実践しながら、科学技術リテラシーを培います。加えて、アウトカムズアセスメントをイメージさせながら、関係論文の検索から、研究実験、研究成果の発表に至る各手順を習得します。
  7. 1,2年次、様々なEarly Exposure(早期体験臨床実習)を導入することで、学生一人ひとりに自分自身の将来像を提示し、ジェネリックスキルの育成をはかります。
2.教育方法
  1. 専門教育科目においては、教育の質の確保および向上のためのPDCA cycleの実践に取組みながら、専門性の高い知識や技術の伝達を徹底します。加えて、自ら学びたいという学生の意欲に応えるような学習環境を提供します。
  2. 実習および演習の科目においては、学生の主体的な学びの力を高めるために、可能な範囲でアクティブラーニングを取り入れた教育を実施します。
  3. 学生一人ひとりの学習習得度を評価するための評価試験、小テスト、レポートほかを積極的に実施し、それらを適正に評価した上で、期中にそれらを学生一人ひとりにフィードバックします。
  4. 学科教員は学生一人ひとりの修学状況を的確に把握し、細胞検査士または臨床検査技師の資格取得に対するアドバイスを適正かつ積極的に行います。
  5. 臨床検査技師国家試験に必要な専門的知識の能力確認のために、学内試験および学外模試の受験ほかを通して学生一人ひとりの修学状況のモニタリングを行い、適宜、資格取得に向けたアドバイスを行います。そのためのプログラムを計画的に実施します。
  6. 学生の授業評価の結果を真摯に受け止め、教育の質の確保および向上のためのPDCA cycleの実践に積極的に取組みます。
3. 教育評価
  1. 生命医科学科が開講する諸科目において、科目担当教員は学生一人ひとりの修得度を厳格に評価します。
  2. 3年次の臨地実習前に履修済み専門教育科目の修得度を総合的に評価します。
    (16) 4年間の学修成果は「生命医科学卒業研究I・II」によって総括的に評価します。

III. 入学者選抜の方針(アドミッション・ポリシー)

本学科は卒業認定・学位授与の方針(DP)および教育課程編成の方針(CP)に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲を備えた人を求めます。

  1. 高等学校の教育課程を幅広く修得している。
  2. 中学校・高等学校での職場体験を通して、生命医科学分野、例えば細胞検査士・臨床検査技師などの専門性の高い仕事に就きたい、または、それらに関する知識や技術を学びたいという強固な学習意欲がある。
  3. 様々な課題について、知識や情報をもとにして、筋道を立てて考え、その結果を説明する能力を身に付けている。
  4. 基本的なコミュニケーションを取ることができる能力を身に付けている。
  5. 大学教育を享受できる語彙力、読解力、言語力、表記力、文法活用力などの日本語リテラシーを身に付けている。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら

九州保健福祉大学 > 学部・大学院・別科 > 生命医科学部生命医科学科