大学概要

九州保健福祉大学における公的研究費の不正使用防止への取組

九州保健福祉大学では、文部科学省の「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」に基づき、本学における公的研究費の運営・管理を適正に実施するための体制を整備しています。

本学は、最高管理責任者として学長が 不正防止計画 の進捗管理に責任を負い、全学を挙げて公的研究費の不正使用防止に取組みます。

不正防止に向けた研修会

全教職員(科研費等の公的研究費に関わるアルバイト職員、派遣職員も含む)を対象とした、コンプライアンス教育及び研究活動における不正行為防止教育に関する研修会を毎年実施しています。

今後も定期的に研修会を実施し、不正防止に向けた環境づくりを進めてまいります。

DSCN0594-1024x768

機関内の責任体系の明確化

競争的資金等の運営・管理を適正に行うため、運営・管理に関わる者の責任と権限の次のように定めました。

  • 最高管理責任者・・九州保健福祉大学学長
  • 公的研究費の運営及び管理についての最終責任を負う。
  • 統括管理責任者・・事務局長
  • 公的研究費の運営及び管理について全体を統括する。
  • コンプライアンス推進責任者・・・・庶務部長
  • 公的研究費の運営及び管理について実質的な責任と権限を持つ。

【九州保健福祉大学体制図】

適正な運営・管理の基礎となる環境の整備

研究に関わるすべての教職員等に対し、常に倫理的な判断と行動を求めるため「 九州保健福祉大学行動規範 」を定めています。

ルールの明確化・統一化

不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

庶務部を不正防止計画の推進担当部署とし、次に掲げる業務を行います。

  1. 公的研究費の運営及び管理に係る実態の把握・検証に関すること
  2. 関係組織と協力し、不正発生要因に対する改善策を講ずること
  3. 行動規範の策定等に関すること
  4. その他不正防止計画の推進にあたり必要な事項

研究費の適正な運営・管理活動

  1. 発注・検収業務における当事者以外の者によるチェック体制の整備
    【購入・支払の事務処理フロー】
  2. 人件費関係の確認体制
    【被雇用者の支払いフロー】
  3. 不正取引業者への対応
    【物品購入等契約に関する取引停止等の取扱い規程】

情報の伝達を確保する体制の確立

  1. 不正行為通報窓口
    「九州保健福祉大学公的研究費における不正使用の通報に関する規則」 を定めました。 
    通報の受付窓口を庶務部と法人本部総務部に設置しました。
    庶務部(電話 0982-23-5555)(窓口責任者:庶務部長)
    法人本部総務部(電話 086-231-3517)(窓口責任者:総務部長)
    【通報体制フロー】
  2. 使用ルール・事務処理手続き等に関する相談窓口
    事務処理手続きに関する相談受付窓口を庶務課としています。
    学内者:庶務課
    学外者:庶務課(電話 0982-23-5555)

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら

九州保健福祉大学 > 大学概要 > 九州保健福祉大学における公的研究費の不正使用防止への取組