学部・大学院・別科

保健科学研究科 博士(前期)課程

保健科学研究科 博士
(前期)課程

より高見を目指す、通信制大学院

平成29年4月より、保健科学研究科 修士課程は保健科学研究科 博士(前期)課程に変わりました。

医療従事者を活性化し、より充実した保健医療の現場を。

保健科学研究科 博士(前期)課程では、保健医療の従事者(作業療法士、言語聴覚士、臨床工学技士、臨床検査技師)などを対象に、それぞれの領域における“最先端”の検査・治療援助・リハビリテーション技術を理論的・実践的かつ体系的に修得し、各分野で指導的な役割を担う人材を目指します。
そのためカリキュラムは、院生自身が希望する専門分野ごとに、高度な理論と実践的な技能を修得できるように構成されています。

3つのポリシー

修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)
入学者選抜の方針(アドミッション・ポリシー)