大学概要

IT活用による学習支援

学生証はFelica(フェリカ)

学生証にFelica(非接触ICカード)を採用。学生個々のデータをカードに記録することで、施設の入退室時のセキュリティや、証明書の発行、図書館の利用などがスムーズになります。

在籍表示システム

ipr02_photo

学内に設けた液晶パネルで、教員の在席状況(学内にいるかどうか)を確認できるようになっています。これによって、講義内容についての質問や相談も、効率的に行えます。

一人ひとりにメールアドレス発行

入学時に、学生一人ひとりに電子メールアドレスを発行しています。このメールアドレスを使って教員や友人とのコミュニケーションを図ったり、レポー トを電子メールを使って提出するなど、コンピュータ初心者でも、日常のキャンパスライフを通して自然とITに接し、楽しく学べる環境が整っているのです。 なお、学科によっては全員がノートパソコンを購入し、授業などでフル活用しています。

無線LANアクセスポイント

大学内に設けられた無線LANのアクセスポイントによって、厚生棟(学生食堂や喫茶室など)や図書館、「出会いの広場」「憩いの広場」などから、無線LANカードを積んだ自分のノートパソコンを使っていつでも電子メールやWebにアクセスすることできます。

※ただし、機器の登録とセキリュティ対策料(3,100円)の納付が必要です。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら

九州保健福祉大学 > 大学概要 > IT活用による学習支援