大学概要OVERVIEW OF THE UNIVERSITY

学科・専攻教育目標

社会福祉学部

スポーツ健康福祉学科

社会福祉に関する知識と技術を有し、スポーツやレクリエーションの専門的技能を活かして、予防医学、健康保持の側面からも社会福祉の分野で活躍できる人材の養成を目的とする。

臨床福祉学科(臨床福祉専攻)

臨床福祉専攻

ノーマライゼーションの理念の基に、ソーシャルワークの専門知識と心のケアに関する理論と実践を教授し、臨床実践能力を備えたソーシャルワーカーの養成を目的とする。

臨床心理専攻

心理学の基礎と臨床への応用を体系的に教授し、人間の心と行動への深い洞察力を築き、精神障害の治療、対人関係やこころの健康を援助する専門家、また、他の分野においても心理学の知識を活用し活躍できる人材を養成する。

保健科学部

作業療法学科

科学的視点に基づいた高度な知識と技術を教授し、豊かな人間性と国際的な感覚を養い、チーム医療のリーダーとしての実践能力を備えた作業療法士の養成を目的とする。

言語聴覚療法学科

言語聴覚療法に関する高度な臨床的知識と技術を教授し、豊かな人間性、コミュニケーション能力、柔軟な思考力を培い、リハビリテーションの一翼を担う臨床能力の高い言語聴覚士の養成を目的とする。

視機能療法学科

視能学に関する高度な専門知識と技術を教授し、豊かな人間性と実践力を培い、一人ひとりの視能を最大限に引き出し引き伸ばしチーム医療に貢献できる視能訓練士の養成を目的とする。

臨床工学科

医療チームの一員として、医学や医療の知識、コミュニケーション能力を備え、発展していく医療機器の変化にも十分対応できる、柔軟性と即応力をもった人材の養成を目的とする。

薬学部

薬学科

「患者を中心とした医療」を実践するために、薬学に関する高度な専門知識と技術を教授し、臨床に係る実践的な能力を培い、倫理観、使命感、実行力を有し社会で即戦力となる質の高い薬剤師の養成を目的とする。

動物生命薬科学科

薬学及び実験動物学の知識を基盤として持ち、医薬品、化粧品、食品、環境及び動物のさまざまな分野において、常に問題解決を念頭に置いて活躍することができる専門家の養成を目的とする。

生命医科学部

生命医科学科

生命に対する深い関心と高度な倫理観を培うことを基盤とした豊かな人間性を有し、臨床検査技師や臨床工学技士として、連携医療、先端医療において疾患治療基盤の確立を思考する優れた医療技術者の養成を目的とする。

臨床心理学部

臨床心理学科

心理・福祉職あるいは言語聴覚士として福祉、保健、医療、教育に参画・連携し、地域に根差した、生涯にわたる支援をおこなうことができる福祉・医療の担い手として活躍できる人材を養成する。