スポーツ健康福祉学科

社会福祉士やスポーツ指導者を養成します。

先輩の学びライフ

スポーツ健康福祉学科 スポーツ健康福祉コース3年
加藤 圭忠 さん
延岡星雲高等学校(宮崎県)出身

高校では硬式野球部に所属し、卒業後はトレーナーの専門学校を経て整形外科医院に所属。野球選手に向けたケガ防止のトレーニング指導やフォーム矯正をしていたのですが「コーチのような人が学校の先生だった・・・」という声に背中を押され、保健体育の教諭免許とアスレティックトレーナーの資格が得られる九保大で学び直すことを決めました。今の目標はスポーツ心理学をはじめ、理論面にも“強み”をもつ高校野球の指導者になることです。

スポーツ健康福祉学科 鍼灸健康福祉コース4年
濱田 佳苗 さん
宮崎商業高等学校(宮崎県)出身

部活のバレーボールでケガが相次ぎ、治療効果のあった鍼灸に興味をもちました。めざしているのは鍼灸師ですが、コースの学びを通じて東洋医学の融合に関心が高まり、病院のリハビリテーション科での実践を考えるようになりました。そのため西洋医学系の勉強もがんばっているのですが、解剖学などは「医師になれそう……」と思うほど充実しています。講義や実習が続くハードな毎日を乗り越え、目標を叶えるつもりです。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら