薬学科(6年制)

九保大だから学べる"「適正で安全な薬物療法」を支え、患者さんの幸せをプロデュースできる能力"を身につける

OB&OGメッセージ

勤務する「延岡市医師会病院」では薬剤師の意見が重要視されており、治療の最適化に向けた医師への処方提案は日常的に求められます。
また、外来に関しては院外処方を主にし、私たち院内薬剤師は日々病棟をまわって服薬の状況確認や指導をしています。
さらに、注射や点滴などをふくむ薬物療法の安全性を高めるのも薬剤師の仕事であり、看護師の方々に向けた薬剤教育も行なっています。
こうした業務には“臨床に強い薬剤師を育てる”という九保大・薬学科の教育方針が大いに役立っています。
今後も病棟で患者さんたちに寄り添うと共に、在学中に身につけた“学ぶ習慣”を活かし、修得した新薬等の知見を臨床にフィードバックしていきます。

高校生のころ

インターハイ出場を目標に、ハンドボールに打ち込む高校生でした。
薬剤師という職業については、幼い頃から将来は医療系の仕事に就きたいと思っていたこともあり、進路選択時にめざすことを決めました。
化学が好きだったことに加え、地元・延岡にある九保大の薬剤師国試合格率が例年、抜群の好成績だったのも決め手のひとつになりました。

九保大生のころ

入学早々から国試を意識し、懸命に勉強する毎日でした。
また、5年次に行なった地域基幹病院での実務実習では医師をサポートしつつ、臨床で患者の方々に寄り添っておられる薬剤師の方と出会い、今につながる目標を得ることができました。
それまでは調剤薬局を活動の場に考えていたので、あの実習が“人生の転機”だったように思います。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら