薬学科(6年制)

九保大だから学べる"「適正で安全な薬物療法」を支え、患者さんの幸せをプロデュースできる能力"を身につける

教員紹介

薬学部といいますと皆様は何を想像しますか?
そうです、薬局に勤めている薬剤師を育てる学校です。私たち薬学部の職員は、世のため、人のためになる薬剤師の育成をするために日夜努力しています。薬学という学問は大変広く、多くの専門家たちがさまざまな分野の薬学について、その専門的な知識を解説しています。

私たちは、薬理学という分野を解説していますが、薬理学とは一体どのような学問でしょうか?
一言でいうならば、薬が私たちの体の中に入った後に、薬が体に対してどのように作用するのかを学ぶ学問です。
たとえば、頭が痛いときに薬を飲みます。薬は、わけもわからず効いて頭痛を抑えるのではなく、体の中にある特定のものに作用して頭痛を抑えるのです。このようなことを、たくさんの種類の薬について学ぶ学問が薬理学です。

私は、医師として、主に臨床系の授業を担当しています。授業では、さまざまな症例の検討をおこない、薬学的知識と臨床的知識の共存の必要性を教えています。また、研究室には、いろんな学生が出入りし、毎日、病気の話題や未来の薬剤師についての話題で盛り上がっています。

医師が薬剤師に何を望むか?薬剤師が臨床で何ができるか?
医師の立場から、「医師が薬剤師に何を望むか」を考え、現在そして未来の薬剤師に必要な教育を行うことで、「医師の処方設計に積極的にかかわれる薬剤師(未来型即戦力薬剤師)の育成」を目指しています。
実際の医療の現場では、「薬剤師に、もっと直接的に医療に参加してほしい」と、医師をはじめ看護師などの多くのスタッフから求められています。医療の高度化で薬剤は多様化し、「薬剤についての知識と臨床的知識を併せ持つ人材」が必要とされているからです。特に、これからは、医師にとって「医師の最良のパートナーとしての薬剤師」の存在が必須です。

今後、薬剤師の職能はどんどん拡大していくと考えられています。その変化に対応できる、有能な「未来型即戦力薬剤師」になるために、一緒に頑張りましょう。

薬剤師は医療人であり、基本的なバイタルサインの確認法は身につけておくべきです。
薬剤師によるバイタルサインの確認は、薬が効いているか効いていないかの評価や副作用がでているかでていないかの確認に重要です。そこで、九州保健福祉大学薬学部は日本の薬学部で初めて患者シミュレータを導入しました。シミュレータでは、様々な投与ルートの確認、注射・採血体験、バイタルサインの確認(脈拍・心音・呼吸音・血圧の測定など)、救命救急処置法(心肺蘇生法・薬物投与など)、病態の把握(喘息・アナフィラキシーショック・心室細動など)が体験できます。

これらの体験により、チーム医療に参画するための共通言語(バイタルサインの確認)の理解が容易となり、将来、基本的なバイタルサインの確認法を身につけた薬剤師が、医療チームの一員として新たな役割を担っていくことを期待しています。

教員一覧

職名 氏名 主な担当科目
教授 大倉 正道  応用薬理学
大塚 功 天然医薬品化学Ⅰ
河内 明夫 調剤学
黒川 昌彦 生化学Ⅲ
佐藤 圭創 生化学
下堂薗 権洋 医薬情報学
白崎 哲哉 放射化学・薬品学
鈴木 彰人 治験コーディネーター論
高村 徳人 薬物治療学Ⅴ
徳永 仁 薬物治療学Ⅲ
比佐 博彰 生理・薬理学Ⅱ
前田 和彦 医事法学演習
松野 康二 環境科学
山崎 哲郎 有機化学Ⅰ
山本 隆一 薬理学
横山 祥子 薬学基礎物理学
准教授 緒方 賢次 薬物治療学Ⅰ
蒲生 修治 機能形態学Ⅰ
田原 佳代子  分析化学Ⅰ
鳥取部 直子 生物学Ⅰ
中 良弘 情報処理入門
講師 渥美 聡孝 生薬学
甲斐 久博 理科系作文法Ⅰ
園田 純一郎 薬物治療学Ⅳ
堤 敏彦 薬剤学Ⅰ
日高 宗明 製剤学
吉田 裕樹 基礎生化学
渡邉 暁子 有機化学Ⅱ
助教 芝 達雄 薬理学実習
杉田 千泰 生化学実習
瀬戸口 奈央 実務実習事前学習Ⅰ
月川 健士 薬剤学実習
横川 貴美  生薬学実習

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら