言語聴覚コース

コミュニケーション障がいへの支援

知識系・実習系科目を効果的に連動させて言語聴覚障がい者の支援技術を身につけます。

私たちは“ことば”によってお互いの気持ちや考えを伝え合います。
ことばには聴覚、発音、言語、発声、認知などの機能が関係しますが、病気や事故、発達上の問題などでこの機能が損なわれることがあります。
言語聴覚士は、医療チーム・福祉チームの一員として、言語聴覚障がいの原因と対処法を探るための面接・検査や、機能回復の訓練・指導・助言、家族や他の医療スタッフへの報告、説明など多岐にわたる支援を行う専門職。
また、摂食・嚥下の問題にも専門家として対応します。
言語聴覚療法学科は、この言語聴覚士を育成します。

ポイント1

心理学をふくむ1年次の基礎科目を経て、2年次の発展、3年次の応用、4年次の実践へと段階的かつ体系的に学び、「言語聴覚士」に求められる専門的な知識と技術を着実に身につけていきます。

ポイント2

早期から病院や保育所、支援学校、高齢者施設などの見学を行い、臨床で求められる姿勢や視点を身につけ、学外の医療機関などで臨床実習に取り組みます。

ポイント3

幅広い講義内容で「障がいとは何か」「専門家の支援はどうあるべきか」多角的に追究

ポイント4

全国初の試みである「社会生活コミュニケーション室」で実践力をつける

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら