保健科学研究科 修士課程

より高見を目指す、通信制大学院

保健科学研究科 修士課程

保健科学研究科 修士課程は、平成29年度より保健科学研究科 博士(前期)課程に変わります。

医療従事者を活性化し、より充実した保健医療の現場を。

保健科学研究科 修士課程では、保健医療の従事者(作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、臨床工学技士)などを対象に、それぞれの領域における“最先端”の検査・治療援助・リハビリテーション技術を理論的・実践的かつ体系的に修得し、各分野で指導的な役割を担う人材を目指します。
そのためカリキュラムは、院生自身が希望する専門分野ごとに、高度な理論と実践的な技能を修得できるように構成されています。

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

修士課程では、広い視野に立って精深な学識を持つことを目指して、専攻分野における高度の専門的能力研究能力を修得した者に「修士(保健科学)」の学位を授与します。本研究科で期待する具体的能力は次の通りです。

  1. 高い倫理観と専門的知識や技術、科学的根拠に基づく臨床問題解決能力などの高度な実践能力を有する。
  2. 保健・医療の現場において独創的な観点で研究を推進する能力を有する。
  3. 国際的な諸問題に積極的に取り組み、共同研究や活動に参画できる能力を有する。
  4. 地域保健・医療の実践現場で他の分野と連携して新たな保健医療改革に貢献できる能力を有する。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

教育課程の編成にあたっては、大学院学生が履修しやすいように、共通必修科目、共通専門選択科目、分野別専門選択科目、総合科目の4群構成とし、保健科学の基礎から段階的に専門領域に進むように工夫しています。履修方法は、まず共通必修科目(保健科学特論・保健医療情報解析学特論)によって保健科学研究の方法論について認識を深め、次いで各々の研究内容に応じて、共通専門選択科目(発達障害学特論・成人・老人保健学特論・精神保健学特論・形態学特論・生体機能学特論)により学際的な視点を養います。これらを基盤に、分野別専門選択科目(保健医療技術学特論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・N、保健医療技術学特論演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・N)において、リハビリテーション各領域における専門的な知識・技能の修得と研究感性を深めます。最後に、修士論文は総合科目として二年間かけてじっくりと臨床実践等での研究課題について総合的視点からの研究を行うよう計画しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

保健科学を核とする保健医療関連科学において専門的な研究能力を養い、教育者、研究者、または保健医療現場において貢献し得る裔度に専門的かつ指導的な職業人を志している人材を広く求めています。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら