保健科学研究科 博士(後期)課程

より高見を目指す、通信制大学院

保健科学研究科 博士(後期)課程

医療従事者を成熟させ、より高度で幅広い活動を。

保健科学研究科博士(後期)課程には、修士課程より広い領域から院生が集まり、より専門的な研究を行います。本課程の特色は、とくにリハビリテーションに関する実践的・体系的な研究と、より高度な「研究技術」の修得を目的としているところです。ほとんどの研究科目に複数の教員を配置し、より細分化した研究ができるようなカリキュラム構成となっています。

各分野の「機能障害学」とそれに対応する「機能矯正学」を2本の柱に、保健医療に従事する現職者のレベルアップを図るための集大成といえるでしょう。

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

学位授与方針

博士課程では、専攻分野に関して自立して研究活動を行い得る研究者の養成を目指して、高度な専門的業務に従事するのに必要な研究能力とその基礎となる豊かな学識を修得した者に「博士(保健科学)」の学位を授与します。
本研究科で期待する具体的能力は次の通りです。

  1. 保健・医療の現場において、高い倫理観と高度な専門知識に基づいた実践能力を持ち、指導的・専門的立場から課題を見つけ自立的な研究を行うことができる能力。
  2. 保健科学の学問体系の確立を目指して学際的研究を積極的に推進することにより世界に向けてその成果を発信できる能力。
  3. 保健・医療分野の教育を行う大学・大学院において教育・研究指導に貢献できる能力。また、保健・医療機関の現場においてはエビデンスを構築するための質の高い臨床研究を行える能力。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成• 実施の方針)

博士(後期)課程では、現職の保健医療従事者あるいは教育担当者に対し、より高度な実践研究能力を習得させることを目的として、最新の理論や知見とともにより高度な学問体系の構築と技能の修得に向けて、段階的学習が可能となるような教育課程を編成しています。教育課程は、必修科目、共通選択科目、専門必修科目ならびに総合科目の4群に大別し、基礎から応用へと進めるよう工夫しています。履修の方法は、まず必修科目(保健科学総論特殊講義)の履修によって保健科学研究の方法論に関する認識を深め、次いで「機能障害学特殊講義」など7科目からなる共通選択科目において、学際的な視点を養うようにしています。さらに専門必修科目において、専門領域に関する最新の専門知識・技術を修得し、総合科目(保健科学特殊研究)において学位論文に必要な研究の実践へとつなげていきます。研究課題についての研究を完成せしめる
ように編成しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

保健科学分野における先進的・臨床的研究科活動を遂行する能力を養うとともに、国際的視野に立脚した学識を志している人材を広く求めています。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら