学部・大学院・別科

保健科学研究科 博士(後期)課程

保健科学研究科 博士
(後期)課程

より高見を目指す、通信制大学院

医療従事者を成熟させ、より高度で幅広い活動を。

保健科学研究科博士(後期)課程には、修士課程より広い領域から院生が集まり、より専門的な研究を行います。本課程の特色は、とくにリハビリテーションに関する実践的・体系的な研究と、より高度な「研究技術」の修得を目的としているところです。ほとんどの研究科目に複数の教員を配置し、より細分化した研究ができるようなカリキュラム構成となっています。

各分野の「機能障害学」とそれに対応する「機能矯正学」を2本の柱に、保健医療に従事する現職者のレベルアップを図るための集大成といえるでしょう。

3つのポリシー

修了認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)
教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)
入学者選抜の方針(アドミッション・ポリシー)