薬学科(6年制)

九保大だから学べる"「適正で安全な薬物療法」を支え、患者さんの幸せをプロデュースできる能力"を身につける

患者さんの幸せをプロデュースできる能力を身につける

薬学科の教育目標は、薬剤師国家試験合格のさらに先にあります。現在、薬物療法の高度化により、チーム医療の中で「薬の専門家」としての薬剤師の重要性が益々高まっています。また、現在の薬剤師は患者さんのフィジカルアセスメント(実際に患者さんの身体に触れながら、薬の効果や副作用の早期発見を行うこと)などを実施して最良の薬物療法を医師に提案することが求められています。本学では、入学後の基礎科目から5、6年次の卒業研究までを通して、広い視野で自ら考え、適正で安全な薬物療法を支え、患者さんの幸せをプロデュースできる能力(知識・技能・態度)を身につけることができます。

薬学部 3つのポリシー

アドミッション・ポリシー

入学者受入れ方針について

薬学部では、建学の理念のもとに、「高度な専門知識・技術とコミュニケーション能力を授け、生涯にわたって最先端医療に貢献できる薬剤師、また、薬学及び実験動物学の知識を持ち、科学的考察力と問題解決能力を備えた専門家」を養成します。

カリキュラム・ポリシー

教育課程の編成・実施方針

本学の建学の理念「学生一人ひとりのもつ能力を最大限に引き出し、引き伸ばし社会に有為な人材を養成する」に基づき、薬剤業務の実践や動物の取り扱いに必要な基礎的学力・専門知識・技能に加えて、生命に関わる業務内容に対応した知識・技能・態度、そして豊かな人間性を身につけることを目的にカリキュラムが構成されています。

ディプロマ・ポリシー

学位授与方針

医療人として、又は動物及び薬の専門職として必要な基礎的学力・専門知識・技能と、専門的職務実践に必要な知識・技能・態度を充分に身につけることができた学生は、修了が認定されるとともに学位が授与されます。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら